婚活支援をそこまでやる必要があるの?

今日はこんな記事です。

代理婚活、啓発授業…少子化とはいえ婚活支援をそこまでやる必要があるの?

男女に出会いの場を提供する婚活支援が多様化してきている。中には、恋愛する異性を見付ける恋活パーティーを毎日開催したり、親がわが子に変わって代理婚活する場を提供したりする動きも。中には10代向けに啓発授業を行う自治体も出てきた。背景には、結婚願望はあるのに恋愛に踏み込めない“恋愛迷子”に陥り、晩婚化、未婚化を招いている若者たちのリアルがある。ただ、こうした現状は雇用環境など将来への不安が大きく影響しているとみられ、専門家は制度改革こそ少子化対策には急務と指摘する。

婚活に関する現状の取材と、専門家による「何が必要か」という意見です。

少し気になった点を一つ。

国は結婚、出産、育児の切れ目のない支援として、「地域少子化対策強化交付金」を創設。平成25、26年度の補正予算...

ご支援くださる方はクリック→