物価に影響を与える貨幣

物価に影響を与える貨幣
政府が債務を拡大して行う政府支出によってもマネーストックが増えるし、金融機関が民間に対して行う信用創造によってもマネーストックが増えます。金融機関は、預金を元手に企業や国民に融資を行います。そのとき、預金が減っているのではなく、金融機関が独自に貨幣を発行し(実際は預金された貨幣の使い回し)、企業や国民に融資を融資をしたものと見なされます。これによって、マネーストックが増えるのです。
 ただし、現在の日本では間接金融が機能していませんので、つまり、金融機関が民間に対する融資を拡大していませんので、金融緩和ではマネーストックは増えません。通常、現在の日本ほどの金融緩和をしていれば、インフレが起こっても不思議ではないのですが、日本では間接金融が機能していないので、信用創造によるマネーストックの増大が起こらず、そのため、民間側の自発的なGDPの拡大もまた起らず...

ご支援くださる方はクリック→