新自由主義と日本経済

戦後の日本経済は、経済政策路線の変遷と 共に次第に移り変わって来ました。

戦後の日本経済は、政府が全て国家経済を 統制するという、戦時中の統制経済の体制 を 引き継ぐところから、始まりました。 そして、政府が国家の為に、総力を挙げて 、戦後復興に取り組み、産業を保護・育成 しました。

今の日本が物作り大国として世界に君臨し ていられるのは、国のおかげであり、政府 様々であったのです。 そのため日本は世界から、『世界で最も成 功した社会主義国家』と言われ、皮肉られ たものです。

しかし、経済も産業も絶好調で、『世界の 奇跡』『Japan as NO.1』と言われ、浮か れる日本に、新自由主義の魔の手が忍び寄 ります。

80年代は米国レーガン、英国サッチャーな ど、世界の大国が経済政策を新自由主義路 線に切り替え、日本超えを図った時代でし た。

そして、日本で最初に、新自由主義路線に 切り替えて、米国との協調を打ち出したの が、中曽根康弘です。 彼は構造改革の旗手として、国鉄の民営化 などを行いました。

そして、その後も、新自由主義路線は引き 継がれます。

竹下が消費税を導入し、橋本が海部内閣の 蔵相時に総量規制を行ってバブルを崩壊さ せました。

また、橋本は総理在籍時に、消費税アップ をはじめとする6大改革を実施し、『平成 不況の元凶』と言われました。

しかし、まだまだ、新自由主義路線は続き ます。

小泉政権は、構造改革と財政健全化を掲げ て、郵政民営化や公共事業削減、派遣拡大 などを実施しました。 その結果は、『失われた10年』が、『失わ れた20年』と言われるほどひどいものでし た。

そして、小泉の弟子と言われる安倍総理は 、消費税アップや公共事業削減など、小泉 政権と同じように新自由主義路線を採り、 日本を導いています。

このように、日本経済は、政府の政策次第 で変遷してきました。

新自由主義=競争の自由→弱肉強食
     =結果の自由→格差拡大
      =機会の自由→規制緩和
      =雇用の自由→非正規拡大&移民導入       =民間活力の導入→国営公営事業の民営化

御覧の通り、新自由主義は、庶民や国民の 為のものではありません。

(国際的)大企業の大企業によ る、大企業の為の経済理論で す。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人
  • avatar
  • jan2002

「新自由主義と日本経済」のコメント一覧

  1. 1
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    新自由主義が日本に導入された歴史考証として有意義な記事かと思います。
    大企業のための経済理論は非常にしっくり来る言葉ですね。同感。

  2. 2
    jan2002 花のヤン  :

    良い記事だと思います。
    私が思うに新自由主義については2つの流れがあり、一つは大企業や資本家等の利益拡大を肯定する理論需要があったことと、もう一つは庶民的なお役所パッシングを背景とする国民の行政改革志向があり、自民党政治は後者に応えるように見せかけながら前者の方向へ改革をすり替えていったと考えています。
    したがって、現在の新自由主義には誤魔化しが含まれていると思います。

  3. 3
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    花のヤンさんお久しぶりです、銀河英雄伝説ファンですw
    なるほど、大企業向けの利益誘導論としての側面、もうひとつは庶民のルサンチマンということでしょうか。

    P.S
    最近BLOGOSに少し顔を出して、反新自由主義的な人たちにお声がけさせていただいてまして…花のヤンさんにも是非ともと思っていただけに、来て頂いて嬉しい限りです。

  4. 4
    jan2002 花のヤン  :

    こちらこそよろしくお願いします。
    といいますか、銀河英雄伝説ファンさんのプロフィールを見てここに興味を持ちました。
    どこかの不敗の魔術師じゃありませんが、伊達と酔狂で参加させていただきます。

  5. 5
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    伊達と酔狂大いに結構ですねw
    私も伊達と酔狂でこのサイト作りましたしw
    (とか言うと怒られそうだな…w)

  6. 6
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    あ、あと灯火さん。
    この記事もピックアップにさせていただきました~

  7. 7
    holyfirework 灯火  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    了解しました(^-^)