国債の正体

国債の正体

景気が良くて投資先が他にある場合を除き、国債を転売することに何か理由があるとすれば、円の価値がなくなったという以外にありません。円建ての国債は、10年もの国債だったら10年以内に確実に100パーセント円と交換できるのですから、円に価値があれば、売り急がなければ損失は出ないはずです。円に価値が無くなっているか、または、無くなりつつあるので売り急ぐのです。つまり、国債の価値は円の価値そのものなのです。現在、円安になっても、誰も国債を売り急ぐこともなく、国債の価格が下落しないのは、つまり、国債の金利が上がらないのは、当面、インフレが起こらない、つまり、円の価値が変化しないと考えられているからです。なぜ、円の価値(物価)が変化しないと考えられるかというと、円の価値(物価)は、日本の生産力に裏付けされており、日本の生産力は強力であり、日本政府がたとえ急激に増刷したところで、そう簡...

ご支援くださる方はクリック→