補正予算等々について

消費税増税以降、景気低迷が続く中、中国ショックも相まって、補正予算を求める声がちらほら出てきました。
http://www.sankei.com/politics/news/150827/plt1508270013-n1.html
識者によっては、10兆円規模が必要との意見もあります。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/09/02/fujii-158/

景気対策として、毎年度補正予算を組まなければならない状況が続いているのですが、本来は、当初で積極財政予算を組んで、交通インフラ整備を中心とした公共事業予算の増額や低所得者対策としての年金等社会保険料の軽減策(雇用主の負担も軽減することによって、厚生年金の加入者も増加)、あるいは給付つき税額控除を設けるべきと考えます。

なぜならば、土木建設業者にせよ、勤労者にせよ、将来の自分の売上な...

ご支援くださる方はクリック→