政府への要望、少子化対策は第六位

今日はこんなコラムです。

政府への要望は第一が社会保障、第二は景気対策

国民一人一人が国に要望する事柄は数多い一方、そのすべてをかなえるだけのリソースは存在し得ない。今、日本国民は政府に対し、どのような政策に重点を入れてほしいと考えているのだろうか。内閣府が2015年8月に発表した「国民生活に関する世論調査」(2015年6月実施。20歳以上対象)の結果から確認していく。

著者はデータを可視化(グラフ化)していろいろな傾向を読み取る、というコラムをときどき書いている方です。

今日のコラムでは、国民生活に関する世論調査のデータを、2011年から2015年まで棒グラフで示しています。

元のデータはこちらです。

政府に対する要望は、高い順に以下の通りです(複数回答)。
1医療・年金などの社会保障の整備69.6%
2景気対策58.7%
3高齢化社会対策54...

ご支援くださる方はクリック→