日銀の資産は紙くずでも構わない

日銀の資産は紙くずでも構わない

はたして、日銀の資産にどれほどの意味があるかということですが、国債は日銀の資産ですが、日銀の市場の貨幣の量をコントロールするという役割上、民間企業のように自由に処分することは出来ません。
日銀が政府から返済を受けるということは、国民から税金で貨幣を回収することですが、これは財政の緊縮になります。現在はデフレですから、税金であろうと何であろうと、市場から貨幣を回収することは、政策として間違ったことです。もちろん、日銀において、貨幣の回収の役に立つ資産に出番はありません。また、インフレになり、貨幣の回収の必要の生じたときは、政府が法人税や所得税の増収を維持しなければなりませんが、それでも足りなければ、貨幣の余っている富裕層から増税で回収するという手もあります。これは政府の役割です。日銀の役割としては、金融の緊縮で長期金利を上げることになります。この時、日...

ご支援くださる方はクリック→