『台風18号』大雨災害義援金の受付を開始 日本赤十字社

『台風18号』大雨災害義援金の受付を開始日本赤十字社[アメーバニュース]



愛媛新聞の13日付の社説には、「豪雨災害極端な気象現象に十分な備えを」という見出しで、「すべての河川を「数十年に1度」レベルの災害に耐えられるように改修することは財政的にも困難だろう。」、「対応を急ぐことは当然だが、まず「災害は起こるもの」との認識を官民が共有する必要がある。少しでも被害を軽減するために、河川の監視と住民への情報開示により、早期避難を徹底することが最も重要になる。」などと書かれていた。


本ブログでは、「現在の日本に財政問題は存在しない」、「日本の財政は世界で最も健全」、「財政よりも災害対策が最優先」などという主張を事実に基づいてしてきたが、愛媛新聞は全く学習していないようだ。


今回の茨城、宮城の水害のように、愛媛新聞が流す虚偽情報によって国民の生命財産が危険にさらさ...

ご支援くださる方はクリック→