【古事記】第四十一回 山幸彦と海幸彦


http://www.pmiyazaki.com/jinjya/kibana_j/
古事記(岩波文庫)/岩波書店

¥1,015
Amazon.co.jp
※岩波文庫「古事記」を参考に書いています。


前回は「【古事記】第四十回木花の佐久夜毘売」でした。


●山幸彦と海幸彦

□原文

故、火照命者、爲海佐知毘古【此四字以音下效此】而、取鰭廣物、鰭狹物、火遠理命者、爲山佐知毘古而、取毛麁物、毛柔物。爾火遠理命、謂其兄火照命、各相易佐知欲用、三度雖乞、不許。然遂纔得相易。爾火遠理命、以海佐知釣魚、都不得一魚、亦其鉤失海。於是其兄火照命、乞其鉤曰、山佐知母、己之佐知佐知、海佐知母、已之佐知佐知、今各謂返佐知之時、【佐知二字以音】其弟火遠理命答曰、汝鉤者、釣魚不得一魚、遂失海。然其兄強乞徴、故、其弟破御佩之十拳劔、作五百鉤、雖償不取。亦作一千鉤、雖償不受、...

ご支援くださる方はクリック→