災害大国日本における、災害対策のあり方を問う~国土強靭化は是か非か~第11回進撃の庶民・ブルーオーシャン討論会会場

【第11回進撃の庶民・ブルーオーシャン討論会会場】

会場:ブルーオーシャン
日時:本日9月19日21時~25時
議題:災害大国日本における、災害対策のあり方を問う~国土強靭化は是か非か~

地震に台風、噴火に津波、土砂崩れに大雪、豪雨に洪水と、日本は世界に冠たる災害大国です。

日本は太古の昔から、土木事業や公共事業を行い、水を治め、大地を拓き、庶民の暮らしを豊かにした為政者を、「名君」として称えてきました。

しかし、今や日本人は、公共事業悪玉論を基に自分達の暮らしを守る災害対策としての公共事業をも削減しています。

果たして、このままで良いのでしょうか?
災害大国日本における、あるべき災害対策とは何で、どうあるべきなのでしょうか?
災害に強い国作りのあり方とは、どうあるべきなのでしょうか?
安倍政権が、かつて掲げながら、遅々として進んでいない国土強靭化は、これからは、どう進めるべきなのでしょうか?

日本人の暮らしと日本経済を守る為、災害対策のあり方と、災害に強い国作りについて、皆さんの意見を、聞かせて下さい。

ルール:・誰でも参加可。ただし暴言などはコメント削除(無料会員登録が必要です)
    ・頓珍漢なコメントも温かい気持ちで対応。 
    ・他者と会話をする場合は「さん」づけ。コメントは「です・ます」調で。
    ・ROMする方もリアルタイムをお望みなら会員登録がおすすめです。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)

「災害大国日本における、災害対策のあり方を問う~国土強靭化は是か非か~第11回進撃の庶民・ブルーオーシャン討論会会場」のコメント一覧

  1. 1
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    【第11回進撃の庶民・ブルーオーシャン討論会】

    ( ゚д゚)スタート!!!

    (´・ω・`)初めてお方もお気軽に参加してくださいな

    ※少しコメント欄仕様をいじりました。返信も下に流れる感じになります。詳細な議論とかは引用とか>>○とか※○を活用お願いします。

  2. 2
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    安全保障としての国土整備という観点から言いますと、恐らく現在の予算(おおよそ5兆円)の数倍は最低限必要ではないかなと思います。
    大体15兆~20兆円ほどでしょうか。

    インフラが古くなり更新時期を迎えているまま「大震災」なんぞに見舞われた日には目も当てられません。まずは既存のインフラの更新、そして新規インフラで冗長性を持たせる。
    こういったことが必要かと思います。

  3. 3
    jan2002 花のヤン  :

    こんばんは。
    いつもご苦労様です。
    今日の題目は国土強靱化ということですが、私は土建工事や理論には詳しくないので今日は控えめに発言させて頂きます。

    なお、国土強靱化については予算と技能者不足の2点が問題になるかと思いますが、皆さんはいかがお考えでしょうか?

  4. 4
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    ちなみに、国土強靱化の目的は景気対策と災害対策のどちらがメインだとお考えなのですか?

  5. 5
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    こんばんわ~人が少なそうでどうしようかと途方に暮れておりましたw
    「討論会」と名前がついてますが「質問」とかもどんどんして頂いて大丈夫ですw

    >土強靱化については予算と技能者不足の2点が問題

    予算に関して言えば国債発行で事足りそう?ですが、技能者不足のほうが深刻かもです。
    これは確か三橋氏がだいぶ前に提言していたことなんですが、長期的な予算をつけて土建業の売上&給与アップをして「もともと土建業に居た方たち」を呼び戻す事はできないか?という提言です。
    (確か言ってた記憶があるのですが…)

    でもこれじゃちょっと不足感が否めない気もします。
    また「公共事業増大は民業圧迫になる!」って意見も見ますよね?みなさんはどうお考えでしょう?

  6. 6
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    >ちなみに、国土強靱化の目的は景気対策と災害対策のどちらがメインだとお考えなのですか?

    私は災害対策、例えば首都直下型地震や南海トラフ地震への対策としてが第一と考えています。
    「ついで」にデフレもなんとかなる、みたいなスタンスですね。

    歴史的に見ても「国土をより良くするための投資」があればこそ、国が栄えるのではないかなと。

  7. 7
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    疑問、質問、反論、ビジョン、意見なんでも結構ですよ~
    「初めてだから参加しにくい」「経済まだ良くわかってないし…」という方もぜひぜひご参加下さい(´・ω・`)ショボーン

    分かる部分は私一生懸命答えますし(ってそれじゃ独演会になってしまうかw)

  8. 8
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    う~ん、司会の予定だったのですが余り人が居ないので人が来るまでは適当に意見を。

    1)戦争中(非常事態)においては国家は無制限にその力を国民のために使える
    2)災害大国である我が国はある意味頻繁に非常事態が起こっている
    3)国家の義務は国民の「生命、財産、領土」を守ることである

    以上の三点のことから「災害」とはある意味で「戦争」と変わらない、あらゆる力を使って国家が国民を守るために動かなければいけない、と思うのですね。
    安全保障とは「国民が最低限生きていける国家」を維持するものを指してまして「エネルギー」「食料」などもこの範疇に入ります。

    安全保障で考えるならばTPPなんぞ論外の代物であり、それにリンクする農協改革も論外であると。
    同じく論外の代物として「20年近く続いた公共事業の削減」が上げられます。

    「国民を守るべき政府」と「国会議員」がその義務を放棄し続けているのだと。
    そして当の国会議員等々を選んだ「国民自身」が「自分たちの安全保障」を放棄したのだと。
    それがこのデフレの20年近くだったのだと思います。

    なので我々は声を上げなければいけない。
    「災害怖いねん、ちゃんと防災すすめろや!」と。思うのです。

  9. 9
    charleyace 影法師  :

    こんばんは。返信も下に流れるように仕様が変更になったんですね。確かにそのほうが見やすいと思います^^v

    ※5ヤン様の
    >また「公共事業増大は民業圧迫になる!」って意見も見ますよね?

    につきましては藤井先生のこれが参考になるかと思います。
    http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/10/07/fujii-111/

  10. 10
    charleyace 影法師  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん 

    ※8の全文同意いたします。中でも特に、
    >災害」とはある意味で「戦争」と変わらない、あらゆる力を使って国家が国民を守るために動かなければいけない、と思うのですね。

    を先ほどのコメントで私も書こうかと思っていたくらいで、同じ考えで驚きました(笑

  11. 11
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >こんばんわ~人が少なそうでどうしようかと途方に暮れておりましたw

    やはり連休中なのが悪かったのでしょうかね。
    まあ、これは今後の課題ですね。

    >これは確か三橋氏がだいぶ前に提言していたことなんですが、長期的な予算をつけて土建業の売上&給与アップをして「もともと土建業に居た方たち」を呼び戻す事はできないか?という提言です。
    >(確か言ってた記憶があるのですが…)

    これは長期的対策ですね。
    今すぐやっても効果は2年はかかりそうな気がします。

    >また「公共事業増大は民業圧迫になる!」って意見も見ますよね?

    政府予算を切り詰めたら技能者不足になったということだけでも怪しい理屈と思います。
    適度な公的発注がなくなったら業界自体が縮小してしまったわけでしょう。

  12. 12
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
    いやぁ…人が少なくてwもう途方に暮れておりますwww

    いわゆるクラウディングアウトとか横文字で呼ばれているやつですね。
    これ藤井先生の記事読む前に私も「ウーム…民業圧迫かぁ」とか考えていましたw
    適切な記事のご紹介ありがとうございます。

    >を先ほどのコメントで私も書こうかと思っていたくらいで、同じ考えで驚きました(笑

    まじですかw私もびっくりww
    なんか同じ感覚の人がいるというのも、ネットの議論だと不思議な気がしますw
    (2ちゃん歴が長いのでw)

  13. 13
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >私は災害対策、例えば首都直下型地震や南海トラフ地震への対策としてが第一と考えています。
    >「ついで」にデフレもなんとかなる、みたいなスタンスですね。

    なるほど、わかりました。
    しかし、技術的に完全な災害対策工事が可能であるのか、費用はいくらかかるのか、人員はどれだけ必要なのか、これらの見当がつくのでしょうか?
    これらがわからないと議論が続かないのではないでしょうか?

  14. 14
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    なるほど、クラウディングアウトのことでしたか。
    まあ、クラウディングアウトなら金融緩和で対処できますから心配いらないですね。

  15. 15
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    >やはり連休中なのが悪かったのでしょうかね。

    本当ですねぇ。今後サイトを見てくれる方をどれだけ増やせるか?みたいな課題です。ウーム…

    >これは長期的対策ですね。
    今すぐやっても効果は2年はかかりそうな気がします。

    そうですね、すぐとはいかないかと。

    >政府予算を切り詰めたら技能者不足になったということだけでも怪しい理屈と思います。
    適度な公的発注がなくなったら業界自体が縮小してしまったわけでしょう。

    これは全くその通りで。
    メディア公共事業悪玉論→議員や政府が公共事業減らしに減らしまくる→公共事業の就労者減少→政府公共事業増やしてみた→メディア「民業の圧迫だ」

    おいっ!みたいなwマッチポンプだと思うんですよ。

  16. 16
    jan2002 花のヤン  :

    >>影法師さん

    私も8の全文同意します。
    しかし、私には適度に土建行政を行なって国土強靱化と土建業界の規模を維持するくらいしか思い浮かばないのですが、他に何かやった方がいい政策はあるのでしょうか?

  17. 17
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    >しかし、技術的に完全な災害対策工事が可能であるのか、費用はいくらかかるのか、人員はどれだけ必要なのか、これらの見当がつくのでしょうか?
    これらがわからないと議論が続かないのではないでしょうか?

    ここですが藤井聡先生の「国土強靭化計画」ではおおよそ200兆円~300兆円を10~20年スパンだったかと思いますがやっていくという感じでした。多分これが一つの雛形になるのかと思います。
    政府の予算確保は
    国債発行で公共事業→GDPがアップ→税収アップ→インフレ
    でなんとかなるとしても、一番の問題はそれだけの膨大な事業の人員、人材なのかなと思います。
    ここが一番難しい話だなと。

    >まあ、クラウディングアウトなら金融緩和で対処できますから心配いらないですね。

    あれ?まじですか?ちょっと詳しく教えてほしいのです。
    その理論を私しらないもので(理論系は本当にガバガバなのですよ私wよくこれで経済語れたな的なw)
    ・・・・あと優しくお願いしますです

  18. 18
    hmpw1205 うずら  :

    やはり、20~30年くらいの超長期型の総合国土防災計画を立て、それを基に公的土木事業を推進すべきでしょう。

    公共投資を毎年やるのが当たり前、という空気を蔓延させるには、補正予算の繰り返しではなく、長期型の計画に則り、淡々と進める必要があります。(うずら)

  19. 19
    baiannmidareame やす  :

    こんにちは。

    どうもパソコン関係苦手でして。

    会員登録のユーザーIDの意味が解らなくて・・・手間取りました(汗)

    私のブログにも、討論会のご案内のコメントありがとうございました。

    国土強靭化、是か非か?   私は間違いなく是だと思うのですが、これだけ災害が頻発しても、やはり最大の強敵は財政問題とやらですよね。これの為に、国土強靭化計画の話を誰も(知り合いや友人)まともに聞いてくれません。

  20. 20
    Gokai  :

    >>花のヤンさん
    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    こんばんは。
    <建設投資、許可業者数及び就業者数の推移>
    http://www.zenken-net.or.jp/wp-content/uploads/graph.pdf

    建設業界も高齢化が進んでいまして実質はこれより少ない気がしますです。
    なので、
    あまり国土強靭化を叫ぶと「移民必要論」に口実を与えてしまいかねません。
    それは、外国の土建業者の入札参入も含めてです。

  21. 21
    charleyace 影法師  :

    >>花のヤンさん

    >費用はいくらかかるのか

    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/pdf/h27_yosangaiyou.pdf
    予算についてはこの資料がいいかも知れません。
    適切な予算は私達には判断できないように思います。

    うずらさん、やすさんようこそ^^/

  22. 22
    jan2002 花のヤン  :

    >>Gokaiさん
    >建設業界も高齢化が進んでいまして実質はこれより少ない気がしますです。
    なので、
    >あまり国土強靭化を叫ぶと「移民必要論」に口実を与えてしまいかねません。
    >それは、外国の土建業者の入札参入も含めてです。

    なるほど、これは貴重な問題提起ですね。
    たしかにこれはこれでマズいような気がします。

  23. 23
    jan2002 花のヤン  :

    >>影法師さん

    なるほど、やっぱり難しそうですね。
    そうなると総論よりも影法師さんが提示した資料を元に各論について話し合った方がいいかもしれませんね。

  24. 24
    旅丘  :

    こんばんは。
    こちらの討論会では初めまして。管理人さん、お疲れ様です。

    クラウディングアウトってのは新自由主義者がよく言う口実ですね。
    要は政府が民間の供給能力を奪ってしまい、公共事業をしても物価の上昇が名目GDPの成長を上回って、国民生活はかえって大変になる・・・みたいな意味だったと思います。
    例えば国がハコモノを一つ作れば、その分民間がビルを一つ作れなくなる・・・みたいな感じで。

    でも、デフレ下ではまず起こりません。
    今は民間の供給能力が有り余っている状況で、政府が公共事業をちょっとやそっっとやったくらいでその分が民間に回らなくなる、といった事態は想定できません。

    むしろ民間の需要が不足している分は政府が自ら需要を創出しなければなりません。

  25. 25
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>うずらさん
    仰るとおりで。
    やはり「単年度主義の国家予算」が弊害なのでしょうか?

    >>やすさん
    おお、ブログ拝見しました。すごく率直で読みやすいブログだなぁと。あとIDすいません…なんかわかりやすく変えようかな…
    財政問題がたしかに強力な壁ですね。多分「企業、家庭の会計と国家の会計」の違いを認識してもらうのが大変かもです。

    >>Gokaiさん
    どもです~
    確かに「移民論」への口実は「絶対に」与えてはいけない、というか…移民論進んじゃっている気が。
    外資への「公共事業の参入」は私は「絶対やだ、死んでもやだ、レイプされるようなもんじゃないか!」と思っちゃいます。

  26. 26
    旅丘  :

    私見ですが、移民問題は移民問題で、移民など論外である、ということを周知させていく必要がありますね。
    移民なんか入れようとするくらいならなぜ賃金を上げることができないのでしょうかね。

  27. 27
    Gokai  :

    >>花のヤンさんなるほど、これは貴重な問題提起ですね。
    >たしかにこれはこれでマズいような気がします。

    部外者なのでいい加減な推測ですが、
    日本の土建業の生産能力はかなり低下していて、
    これもいい加減な推測ですが、東北の復興で手一杯なのかなという気がします。
    どうなんでしょう。東北の復興は順調ですか?

  28. 28
    charleyace 影法師  :

    >>Gokaiさん

    >あまり国土強靭化を叫ぶと「移民必要論」に口実を与えてしまいかねません。
    それは、外国の土建業者の入札参入も含めてです。

    Gokaiさんのこのコメントを見て思ったのですが、移民推進者はどの道、何か口実を見つけて移民を入れようとしますので、仮に国土強靱化の声を抑えようが、首都直下型地震、東南海トラフ地震が来れば「早急な復旧のために!」という名目で移民を入れようとしてくるでしょうね。

    移民推進者そのものを絶たない限り、この問題はどこにでもついて回ると思います。

    面倒な話です(汗

  29. 29
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さん
    う~ん確かに。予算は。有意義な資料ありがとうございます。ざっとだけ見たのですが、後で詳細に読み込んでみます。

    >>旅丘さん
    >むしろ民間の需要が不足している分は政府が自ら需要を創出しなければなりません。

    全くもってその通りで、むしろ政府が支出を多くしないでどうするんだ!という感じですね。
    だって企業、個人は動けない状況がデフレなわけですから。
    こんばんわ~初めましてです。

  30. 30
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    >そうなると総論よりも影法師さんが提示した資料を元に各論について話し合った方がいいかもしれませんね。

    んですね。あとは議論になりそうなのは「思想、価値観」という側面もあるかもしれないです。
    やっぱり「それぞれ若干違う」のは当然ですから。

  31. 31
    charleyace 影法師  :

    >ヤンさん

    (議論と関係のない話ですみませんが、花のヤンさんのようにプロフィール写真(?)はどこで変更することができるのでしょうか?)

  32. 32
    Gokai  :

    >>影法師さん
    >移民推進者そのものを絶たない限り、この問題はどこにでもついて回ると思います。
    面倒な話です(汗

    移民推進者が、アーミテージだったりするともっと面倒ですね。
    「日本国民の中に移民が好きな人っているの?」って疑問からですけど、w。

  33. 33
    charleyace 影法師  :

    >>Gokaiさん

    >「日本国民の中に移民が好きな人っているの?」って疑問からですけど、w。

    普通ならいつはずがないんですけどね(汗
    こうなってくると、移民問題も徹底的に扱っていかないと、あらゆるところでこの問題が顔を出してきますね・・・。討論会の議題案候補にしておきましょう。<ヤンさん、灯火さん)

  34. 34
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>Gokaiさん
    >これもいい加減な推測ですが、東北の復興で手一杯なのかなという気がします。

    については以下の記事をご参照頂けたらと思います。
    http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/09/23/fujii-109/

    つまり未消化率という「言葉」でマスメディアは「人手不足だどーだ」と報じてますが、順調に予算分はやって行けているようです。
    ただ「国土強靭化」が始まれば恐らく「本当に人手不足」となるのは必定かと。
    「ここまで公共事業削減してきて、そんなメモリみたいに上げ下げ出来るもんでもないのに…」とか思っちゃいます。

  35. 35
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >政府の予算確保は
    >国債発行で公共事業→GDPがアップ→税収アップ→インフレ
    >でなんとかなるとしても、一番の問題はそれだけの膨大な事業の人員、人材なのかなと思います。
    >ここが一番難しい話だなと。

    私もそんな気がします。
    そうなると、コテヤンさんが5で示した方法などで業界規模をふくらませて段階的に実施していくしかなさそうですね。

    >>まあ、クラウディングアウトなら金融緩和で対処できますから心配いらないですね。
    >あれ?まじですか?ちょっと詳しく教えてほしいのです。

    クラウディングアウトとは、政府が土建行政などのために発行した国債を銀行等の金融機関が買うことによって民間企業への融資枠が減る現象を言います。
    おそらく、これによって民間企業の設備投資などが阻害されることなるため「民業圧迫になる」という理屈なのでしょう。
    そして、金融緩和は主に金融機関が保有する国債を日銀が買うことによって行われますから、これにより金融機関の保有国債が減り民間企業への融資枠は拡大されるため民業圧迫を危惧する必要性はなくなるわけです。

  36. 36
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さん
    (PCなら左サイドバー一番上のログインステータス、スマホなら下の方のログインステータスの『アカウント情報、アバター変更』から変更頂けたら!)

  37. 37
    charleyace 影法師  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん ※36

    (なるほど!ありがとうございますm(_ _)m )

  38. 38
    jan2002 花のヤン  :

    >>影法師さん

    その気持ちわかります。
    私もそのアイコンが嫌で色々と試してみました。

    私が行った手順は
    HOME→ログインステータス→アカウント情報、アバター変更→登録情報の編集→アバターの登録について→2)こちらのリンクから管理画面プロフィールページへ→画像の選択
    の順です。

  39. 39
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    >クラウディングアウトとは、政府が土建行政などのために発行した国債を銀行等の金融機関が買うことによって民間企業への融資枠が減る現象を言います。

    もし定義がそうなら私が間違っていたかも(オロオロ
    えっと公共事業による民業の圧迫とは確か「公共事業を受注するので民業受けられない」的な圧迫だったかと。
    つまり「公共事業を受注した分」「民業が受けられなくなる」的な。
    あ、・・・・・・・投資拡大すればいいか…?う~ん…投資拡大なら融資でいける気がします。

  40. 40
    @suimaitimoku  :

    民業圧迫は「財政規律派の妄言」でしょう!
    実際、建設業者数は99年度の60.1万をピークにその後減少。12年度には47.0万にまで“減って”しまっています。

    まあ、「バブル」当時の景気とその後の長期デフレ低期を比べるのもなんですが、それでも「地方の中小企業を中心に」地場の景気と雇用を支え、かつ豪雪地帯や山間部での毎年のような『自然災害(積雪の処理や豪雨災害による崖崩れ等)』の後始末を担う“人材”と“会社”が弱体化し、政府や地方自治体が「災害復旧の予算を手当て」できても、肝心の『仕事を請け負う担い手(地方の中小土建業)』が居ない、足りないという悲劇がここ数年顕著に発生しています。

    さて、地方の公共事業ですが、「年末にその年度の予算消化の為の道路や下水道の更新工事が行われる」とかと、“予算の無駄遣いだ”と簡単に切り捨てる馬・鹿がいますが、企業にしろ土方、職人にしろ「生きていく為には恒常的に仕事が無くては」なりません。

    「大工、土方を殺すには刃物はいらねー、三日雨が降ればイイ」

    なんて言葉が昔からありますが、民間の景気に左右される仕事だけでなく、予算が決まっていて、『確実に仕事が降りて来る』公共事業は、民需の弱い地方ほど地場の建築土木を担い支える中小企業やそこに雇われる職人、土方にとっては「仕事を続ける」上で重要となります。

    ですんで、地方の公共事業は、景気対策のみならず地場産業(建築土木の担い手と、その業種や労働者相手の周辺産業)の維持、発展に必要不可欠な“余裕――もしくは必要な無駄”なのです。

    また、近年、激甚化する多発化してる気象災害や震災に対する備えという意味でも何年もかかる堤防護岸の治水治山の工事や整備に関しても、「儲けより社会の安全」という意味で政府が公共事業を積極的に行うのはますます必要となるでしょう。

  41. 41
    jan2002 花のヤン  :

    >>旅丘さん
    >移民なんか入れようとするくらいならなぜ賃金を上げることができないのでしょうかね。

    やはり、低賃金労働者がほしいからでしょうね。
    円高のままですと、日本では低賃金でも本国に送金すれば高賃金だったりしましたから移民論は財界に歓迎されたと思います。
    しかし、円安が進めば日本人労働者でも他国と比較して高賃金とは言えなくなりますし、外国人労働者も日本で働いてもそれほど工賃賃金ではないことになります。
    そう考えると、円安政策(=金融緩和)は色々な点で好都合なことがわかります。

  42. 42
    charleyace 影法師  :

    >>@suimaitimokuさん

    ようこそ!

    全文激しく同意いたします。より多くの国民からこのような声が出ることが必要でしょうね。素晴らしい文章をお書きになるsuimaitimoku様にはブルーオーシャンでのコラム寄稿もお願いしたいくらいです。

    >>花のヤンさん
    (レクチャありがとうございますm(_ _)m  プロフィール画像でも楽しめるブルーオーシャンの討論会楽しいですねw)

  43. 43
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >えっと公共事業による民業の圧迫とは確か「公共事業を受注するので民業受けられない」的な圧迫だったかと。

    それなら、土建業界への参入企業が増えるか土建業界で設備投資などが増える流れになり、民業圧迫どころか業界拡大になりそうな気がしますね。

  44. 44
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>@suimaitimokuさん
    (別に議論の相手に使うんじゃないなら「馬鹿」も使っていいよ。だって私から言わせれば「新自由主義者は『馬鹿』ですものw)

    「担い手」という言葉に大いに賛同します。いい言葉です。「人材」「担い手」が居なければその産業は廃れるばかり。
    しかも「災害大国日本」においてその「土木建築の担い手」が衰退するのは「自殺に等しい」と思います。
    私達「土建業」以外の国民も自殺に等しい。腹が立ちます。

    鬼怒川の例を見て下さい。政府が治水事業を7割削っていなかったら…起こらなかったのかもしれません。・・・・同じ日本人が被災し、そして苦しんでいる。
    それ以外に何か理由はいるのでしょうか?

    これがもしも某BLOGOS(言っちゃったw)のように「そんなことを考えていては公共事業が削減できない」とかいう馬関な意見があるならば…それは「日本人というナショナリティ、共同体の感覚」を共有できない異星人だと思います

  45. 45
    charleyace 影法師  :

    うずらさんの
    >やはり、20~30年くらいの超長期型の総合国土防災計画を立て、それを基に公的土木事業を推進すべきでしょう。

    のご意見は是非とも採用すべきだと思うのですが、

    やすさん
    >やはり最大の強敵は財政問題とやらですよね。

    Gokaiさん
    >あまり国土強靭化を叫ぶと「移民必要論」に口実を与えてしまいかねません。
    それは、外国の土建業者の入札参入も含めてです。

    辺りがネックになりそうということでしょうね。

    『20~30年くらいの超長期型の総合国土防災計画』を実現するためには、どうすればいいか。
    この辺りのご意見を皆様から拝聴したいところです。

  46. 46
    baiannmidareame やす  :

    先日の豪雨災害でのニュースを見ていて思ったのですが、被災にあわれた方の発言が「きちんと災害対策して欲しかった。」ではなく「自然は怖いですね。」といった感じで、どうも日本人は自然に対して、天の意思といった人間の力ではいかんともしがたい物と感じているようで、そういった自然観も、いまいち国土強靭化計画が国民に浸透しない原因の一つとしてあるのかも知れないと思いました。

  47. 47
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    あ、そらそうですね。確かに。となるとクラウディングアウトとか、民業圧迫とかはあまり心配する必要が無い感じがしますね。
    しかしやはり長期でなんとかしていく、という方策しか無い気がします。
    多分これはノウハウとかの問題ですので、短期でいける話はないかと思います。国がしっかりせねば…

  48. 48
    charleyace 影法師  :

    >>やすさん

    >そういった自然観も、いまいち国土強靭化計画が国民に浸透しない原因の一つとしてあるのかも知れないと思いました。

    なるほど。ここには考えが至りませんでした。そのような自然観は否定できるものではないので難しいですね。そんな人達にこそ被害に遭わずに済んでほしいものですが(TT)
    私達はボールを遠くに投げるが如く、国土強靱化の必要性をひたすら繰り返し訴え続けることくらいしか思い浮かびません。もう「沈黙の螺旋」には陥りたくないです。

  49. 49
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さん ※45
    財政問題については我々が「空気」を醸成していくしか無いのかなと。
    財政問題があるという「非論理的な空気」対して「論理的な空気」をやっていくしか…

    >移民必要論
    の部分ですがどうしよう…周知徹底?足りん…日本国民失業化論…足りん
    どうやれば理解して「拡散」してもらえるのか…ここも最大の難所かと。

    >>やすさん
    確かにそれはあるかもしれませんねぇ…
    日本人の持つ自然感かぁ…これも重大な課題の一つかと。

  50. 50
    @suimaitimoku  :

    公共事業を行う為に政府が国債(建設国債)等を出せば『民間の資金需要を圧迫する』?
    それこそ笑止千万ですなぁw

    なぜならば、今の日本は「自国資本のカネ余り」で「国内での投資先探しに苦労して」いて、結果的に「日本国債」に殺到するだけでなく、外国への投資――それも円建ての『サムライ債』が円安が進み、為替差益の点で外国企業や外国国民にとって“旨みが減って”いても大人気なんですよ?

    それもこれも、そもそも「日本の金利が低すぎる」からです┐( ̄ヘ ̄)┌
    すなわち、本当の話は、「政府が土建行政などのために発行した国債を銀行等の金融機関が買うことによって民間企業への融資枠が減る現象」なんてのは反対派(財政規律派)の世迷言の“嘘”!であり、日本ほど銀行等の金融機関が『集まった預貯金や積み上がった運用益の融資・投資先探しに苦労している』国はありませんのですよ?

    外貨準備高に関しても、溜まるばかりで(国内での輸入に関して)使い道がなく(原材料やエネルギー、鉱物以外輸入しなくても、日本国内でたいていの“完成品・製品”は自国の産業で供給でき賄える)、米国債等の購入で塩漬けというか『死蔵』している現状ですよ?
    だから、08年のリーマンショック時に世界経済崩壊寸前になって世界中がパニックに陥る中、麻生政権で麻生中川コンビが「IMFに日本が保有する1,000億ドルの米国債を貸し出す」コトで収め、救いました。

    1000億ドルは(1ドル100円として)10兆円の金額になりますが、別に「日本政府や日本国内の経済にとって」新たな負担にも何もなりませんでした。
    むしろ先にも書きましたが「持ってるだけで死蔵している」だけの外貨準備の“一部を”有効利用できた訳ですから良いコトだらけです。
    今年の八月、8月末の(日本の)外国為替保有額は1兆2441億5000万ドルで、前月に比べて18億3400万ドル増えている――くらいですよ?

    さらに付け加えれば、海外に日本が保有する純資産は――日本の対外純資産は14年末時点で366兆円と、24年連続で世界一。
    国内に目を剥ければ民間の一般国民の預貯金だけでも1800兆円、企業の内部留保は328兆円に膨らみ……と、『資金の投資供給』に関しては国(日本銀行)がいくら「低金利政策や金融緩和」しようが投資を受け止める、『日本国内の資金需要』がむしろ不足していて行先の無い巨万の資本資金が「低利でも安全な」日本国債に殺到する有様なんですよ?

    そーした『ある意味で世界では日本ダケの“贅沢な悩み”を現実に抱えて』いながら、「国債発行で公共事業発注が民間企業への融資枠を圧迫?」正直「笑・わ・せ・ん・な」の一言ですな┐( ̄ヘ ̄)┌

    ……と、いうのが正直な感想なんですが――間違っていますでしょうかねぇ?

  51. 51
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さん
    >沈黙の螺旋
    藤井聡先生が仰っていた「皆がこう言っているから、黙っとこう」的な循環ですね…
    私も一つだけ宣言します。
    「もう絶対に黙らへん!悪いことは悪い!言うて口やかましく言うたる!自分の良識に従うで!」
    と。

    だって嫌やもん。「皆がこういう空気やから」ちゅ~のが。
    政治、経済、『国民』以外の話やったら許せますけど。

  52. 52
    gix  :

    今晩は。
    初めてコメさせて頂きます。

    私は三橋さん、藤井さん路線を応援する人間です。

    先日、自民党西田議員の「週間西田」質問コーナーを拝見しましたところ、西田議員の新幹線事業に関する素晴らしい構想に感銘いたしました。

    しかし、問題の根幹はその事業そのものでは無く、「国のシャッキン」のウソやマスコミの偏向報道により、大多数の国民が騙され、それを信じている事です。
    私も朝日新聞の慰安婦捏造事件まで、NHKや、メディアの言う事を何も疑っていませんでした。

    多くの国民に、如何に自分が騙されているかを認識させる事が最も重要な事であり、その為の戦術を練ることが早急に求められる課題だと思います。

    私も永年建築業を営んでおりまして、この失われた20年に儲け損なった金額は計り知れません。

  53. 53
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>@suimaitimokuさん
    非常に痛快wwwww間違ってないかと~wwwwwwww
    いやいやw久しぶりに『痛快』かつ『率直』な意見でありました。99%くらい同意しますwwww
    (残りの1%は私が知らないから?です)

    さらに「毒舌気味」なのが私のどストライクでしたwww
    私も本来「ブルーオーシャン」をやってなければ、同じくらい毒舌気味ですwwww

    >「国債発行で公共事業発注が民間企業への融資枠を圧迫?」正直「笑・わ・せ・ん・な」の一言ですな┐( ̄ヘ ̄)

    ですなw
    うん、正直時間の空いた時でいいので「ちょっと礼儀正しめに」寄稿とかしてほしいです。もしよろしければご検討お願い致します。

  54. 54
    baiannmidareame やす  :

    話は変わっちゃうんですが、くらえもんさんのところで議論されていた分配的な話なのですが、公共事業入札条件の中に、従業員への賃金も最低額はいくらと入れちゃうってのはどうですか?

    国の事業なのですから、それくらいの配慮は必要じゃないかと思います。

  55. 55
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>gixさん
    どうも初めましてm(_ _)m
    ご参加いただけたこと大変うれしく思います。
    確か西田議員のメガなんちゃら…えっと…えっと…私も動画拝見しました(固有名詞覚えられない、お馬鹿なんです
    大大阪構想と同様素晴らしい構想であると私も感じました。

    おっしゃっておられます「国民の借金」「慰安婦」等々メディアによる「誤報」はおびただしい限りです。
    コレへの戦術は非常に重要な話かと思います。
    どういった戦術が「有効なのか?」についても思うところがあればご意見をお願いしますです。
    私はえっと…非常に拙い話でいいですか?
    「馬鹿」を「馬鹿」と呼べる空気が必要だと思います!(自説

  56. 56
    charleyace 影法師  :

    >>@suimaitimokuさん
    これまた、同意致します。仮に『民間の資金需要を圧迫する』くらい公共事業がなされているのならば、人員、予算とも相当大規模になっているはずであり、同時に国土強靱化もガンガン推進されているでしょうから、それはそれでいいくらいですが(笑
    現実にはそこまでは無理でしょうけど・・・。

    >gixさん

    ようこそ!

    >多くの国民に、如何に自分が騙されているかを認識させる事が最も重要な事であり、その為の戦術を練ることが早急に求められる課題だと思います。

    貴重なご提言ありがとうございます。戦術。皆様とともに随時練りたいです。

    >私も永年建築業を営んでおりまして、

    建築業の現在の状況、実態など、私達には知り得ないことを、今後も、色々教えていただけたらと思います。ここの皆様もそういった情報を普段から欲していらっしゃると思います。

  57. 57
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>やすさん
    それはありですね。それくらいの配慮って今ないんですか…マジかΣ(゚Д゚)
    作業員の方の「最低給与、もしくは給与」は国が保証するというのは、普通に分配から考えてもありな話かと。
    というか「国、やれ」と思います。

  58. 58
    @suimaitimoku  :

    日本の公共工事も民間の建設需要(住宅からオフィス商業ビルにアウトレットの商業施設)も確かに今現在“人手不足”に困っています。
    先の「東京五輪新国立競技場」の第一次案で予想の三倍以上に費用が膨らんだのも、主に人件費の高騰でイザ、施工の段階になるとコストがかかるコトが露見しました。

    ちなみに今現在、鉄筋工や左官、大工に鳶の“人件費”は「あのバブル全盛期より高くなってる」そーですね。
    理由は、まあ簡単で『絶対的に頭数(職人の数)が足りない』からです。

    しかも建設土木需要は東京五輪以外でも311震災の復旧復興や、これから予想される震災や自然災害への備えにも建設需要は引っ張りだこです。

    で、ですがその一方で実はといいますと、『日本の住宅市場はすでに「飽和状態」をはるかに通り越して「大幅に余剰」状態』だったりするんですよ?
    5年ごとに行われる総務省の調査によれば、平成20年10月1日時点での総住宅数5759万戸に対して、総世帯数は4999万世帯と、約760万戸の空き家を抱え。
    日本全体を賃貸住宅経営に例えると、空き家率は13.1%で、2011年時点で、すでに空き家数は800万戸を超えているといいます。

    ましてや今後長期にわたって起こる人口や世帯数の減少、給与所得の低下などを踏まえれば、今までのペースで新築(約120万戸)を造り続けた場合、30年後の2040年には空き家率が43%に達すると試算も出ています。

    ま~東京大阪名古屋等の大都市圏では、住居の不足やオフィスビルの不足は続くのでしょうが、日本全体で見れば、「単なる民間の建設需要」はむしろ削減気味で推移し、ますます地方の地場の土建中小企業の存続には『公共事業だのみ』が増えかねない現実が“観えて”います┐( ̄ヘ ̄)┌

    ま、この状況を打破するには、地方への交付金・公共事業を「単に増やす」のでなく、今の「東京一極集中」を改め、地方分権は別の話としても、省庁の政府機能を日本各地に分散し――たとえば財務省は日本銀行造幣局のある、元々日本の商業流通の中心だった大阪へ、とか。
    あるいは農水省は、日本最大の穀物酪農の産地であり、今でも農業系の最高教育機関が集う北海道へとか。

    また、防衛省は南の海で蠢動する中国に睨みを利かす意味でも中国地方の広島は呉やあるいは古くから大宰府を始め『対大陸半島』に備えて来た福岡・博多へ移す……とか、政府機能の分散は『東京直下地震や富士山の噴火による降灰で東京の都市機能マヒ』なんて自然災害備えるというだけでなく、地方の再活性化という意味でも必要なんじゃないでしょうかね?

    そうするコトで東京への一極集中――特に人材、住人の過密化を分散解消すると共に、「イザ震災や水害」といった場合でも、一気に日本の行政・経済活動が“頭脳部分で麻痺する”なんて危険が解消されます。

    東京の荒川を守るスーパー堤防の建設に数百兆の資金と五十年から百年以上の時間がかかるなんて、悠長で無駄な『東京への固執』を止め、「分都」とソフト面からの防災と、日本の国土利用並びに地域産業の再生活性化を考える時期に来ているのではないでしょうかね?

    そーいう点も、今回の鬼怒川堤防の決壊で露見した、『東京などでの河川の決壊の危険性とそれが日本社会にその後与える長期影響』からの防災対策や今後の日本の国土利用、災害に強い社会づくりの議論には必要なんじゃないでしょうか?

  59. 59
    charleyace 影法師  :

    >>やすさん

    これも絶対必要ですね。参考になりそうな資料を貼っておきます。
    『公契約法と公契約条例
    ―日本と諸外国における公契約事業従事者の公正な賃金・労働条件の確保―』
    http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_3480643_po_073303.pdf?contentNo=1

    皆さんで「週刊西田」にこの実現の要求を送ってみませんか?西田議員ならこの提案に賛同してくださるはず!

  60. 60
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    宴も酣となってまいりましたが、皆様に一つ本題をお尋ねします。

    「公共事業は日本を、そして日本人を救えるのか?」

    イエス、ノーをお答えの上で「何故そうなのか?」について書いて頂きたく存じます。
    皆様で「我々の声」を今発してみませんか?日本国民である我々の声として。小さいかもしれませんが。
    あ、私もおまけとして発しますです。

  61. 61
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>@suimaitimokuさん
    なるほど…この提案は一理あるかもです。
    こういった声が「共有されてく」のかもしれません。

    あ、ちょっと私も公共事業に対しての自分の解をちょっと書きますです。

  62. 62
    gix  :

    早速のご返信有難う御座います。

    私如きに「戦術」の妙案は御座いませんが、皆さんと共に議論できましたら幸です。
    結局こう言った言論サイトからの草の根的な沸き上がりを図るのが基本かも知れないと思っておりますが・・・

    これからもよろしくお願いします。

  63. 63
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    私は「圧倒的にイェスです」と申し上げます。

    経済的裕福だけが日本人の幸せではないと、日本人が「守られて」いることこそ国家の国家たる意味だと考えます。
    つまり災害大国において「日本人が国家から保護される」国こそが正常であり、それが正しいのだと考えます。
    そして「民を大切にし国家を豊かにする投資」を行えば「国は必ず栄える」という話になります。
    民主主義国家において「民が民を軽視する」国はやがて滅ぶと言っても過言ではありません。

    つまり「公共事業とは民を重視する」政策に他ならないのです。あらゆる歴史がそれを証明しております。

    それを忘れた「政府」、それを忘れた「国会議員」に我々は思い出させてやらねばならない、民を軽視して「政治」などあり得ないのだと。

  64. 64
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >「公共事業は日本を、そして日本人を救えるのか?」

    私はインフレターゲットを軸にする考え方なので、公共事業は必要ではないが行った方が良いという意見です。
    これは医療と同じでそれぞれの効用と副作用を考えながら組み合わせれば効果が高いと思うのです。

    なお、景気対策としての公共事業ならば土建よりも医療・福祉の方が効果が高いかもしれません。
    たとえば、補助金を増やして介護士などの賃金を現在よりも高くするようにすれば、介護士の不足解消になるでしょうし波及効果も期待できるでしょう。
    この案について皆さんの意見をお伺いしたいと思います。

  65. 65
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>gixさん
    いやいや、こちらこそよろしくお願いします。
    本当に「発言をされる方々」は非常にありがたい存在かと思います。

    あ・・・・・私…司会の役目ぶっ飛んでました…やってもうた~ぁぁぁぁ…(私事です
    (まぁいいや忘れよう…いろんな人参加してくれたしええやん?うん…(汗))

  66. 66
    charleyace 影法師  :

    >>@suimaitimokuさん

    「東京一極集中」の解消も国土強靱化に繋がるものですから、suimaitimokuさんのご意見に激しく賛同いたします。それにしましても、政府、省庁の腰が重たいように思います。「最悪な事態」を想定して対処することが、彼らの仕事だと思うのですが。

    >ヤンさん

    >「公共事業は日本を、そして日本人を救えるのか?」

    公共事業の中でも、特に、インフラ(高速道路網や新幹線網など)は、人の身体で言えば血管にあたるものだと思います。身体の隅々に至る細胞に酸素や栄養を含む血液を届けるためにも血管は必要です。私達が普段生活をしているときには己の血管の存在を意識していませんが、国家にとってのインフラもそのような存在だと思います。

    公共事業(特にインフラ)無くしては、国家、そしてその国民は強靱さを兼ね備えて生きながらえていくことは不可能だと思います。

    よって「公共事業によって、日本、日本人は『救われることになる!』」と私としてはそう強く主張したいです(笑

  67. 67
    gix  :

    コメント有難うございます。

    この20年、小泉劇場ならぬ小泉売国で建設業は干され続けてきました。

    特殊な専門職(高層建築物等に於ける重量物架設業)を営んでおります当方ですが、その工事単価は激減し若い世代への技術の継承が停滞してしまいました。

    非常に危険な仕事であると同時に、知識、経験、資格等が大きく要求される職種ですが、通常の職方とほぼ同等の単価まで下落し、雇う側の当方もこれなら雇うのが可哀想と13年前雇い止めをした次第です。

    今32歳の子が最後となりました。

    同様の空洞化はあちこちである筈ですね。
    残念な事です。

  68. 68
    jan2002 花のヤン  :

    >>影法師さん

    たしかに、最低限のインフラは必要ですね。
    それに加えて経済成長を促すインフラ整備も重要な要因でしょう。
    仰るとおりだと思いますが、それ以上は予算と相談しながら実施するべきだと思います。

  69. 69
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>花のヤンさん
    おお、寄稿されているGokaiさんと意見が合うかもです。
    花のヤンさんと同じく「理論派」の方です。
    (ちょっと二人が議論するところは見てみたい気がするw)

    私的には「安全保障」が第一ですので「やるべき派」ですがそれと違う意見も色々あるのだと思います。
    ここについてはGokaiさんからちょっと教えていただいたのですが、安全保障とデフレや国際収支等々(デフレも広義では安全保障に入るかと。自殺率あるし)の両面から考えるべきなのかもしれません。
    色々からみ合っておりますw

    ここについては色々議論させていただきたいなと。
    多分花のヤンさんは私の知らない理論やソースをご存知でしょうし、私もまた同様なのかなと。
    そして「冷静な議論」で「お互いの価値観の違い(これは多分あります)」を定義、認識して「どこがどうなるのだろう?」と議論し認識をお互いに深められたらいいなと。
    そんな感じで思っておりますです~w

  70. 70
    baiannmidareame やす  :

    >>影法師さん

    そういった議論は日本でもあるのですね。後でゆっくり拝見します。ありがとうございます。

    こういった条件を盛り込むことで、公共事業に入札しようという企業は、その条件が基本賃金となるのではないでしょうか。

  71. 71
    @suimaitimoku  :

    >>gixさん
    日本の“マ・ス・ゴ・ミ”に関わらず、それらに論説の寄稿やTV等でしたり顔でコメントする大学教授やら専門家の肩書を持つ『電波芸者(コメンテーター)』は、「日本を卑下し、貶めるコトに快感を覚える」馬・鹿(マズヒスト)どもデスカラネー(棒

    日本の問題は言論界・出版界だけでなく、法曹界、教育界、宗教界といった広い範囲に反日売国サヨクや特亜の工作員(在日)が深く浸透しているコトなんでしょうな。
    ネットの普及、広まりでそーした「対日工作」は次々に暴露され潰されていますが、まだまだです。

    最近は、「嫌韓反中本や、日本の人気ぶりや戦前戦後、日本はこんなにイイことをしているという本が売れている」というコトに朝日を始めとする反日サヨクや特亜連中は歯ぎしりしていますが、ほんの十数年前まで日本では「日本ダメダメ論」の本ほど売れる! なんていう状態だったんですよ?

    まあ、「日本を貶める、ダメさをあげつらう」本が売れるといっても、反日サヨクや特亜連中の意図とは逆に「今の日本はこんな所が駄目なんだ! 外国には日本よりこんなに進んでいる制度もあるんだ!」というコトで、日本の問題点や努力目標を確認し、「日本をより良く、理想的な社会に近づけるために」頑張るために、そーいう「反日・日本貶め本」を手に取る人が多かったw というのが実のところですがw

    で、今や日本は気付いてみれば、世界で一番金持ちで、住みやすく、安全安定していて安心できる「世界でも指よりの繁栄と安心の国」になっています。
    そして、自虐史観で下を向き、「自分(日本)は世界から嫌われている」なんて勘違いしていた日本と日本人は、実は外の世界では「絶大な人気」と「信用信頼」を寄せられ、好かれているだけでなく、戦前戦中戦後の振る舞いや行いに「敬意」をもって高評価を得ているコトに『今更ながら気付きはじめた』ところです。

    で、日本を悪しく罵るのは世界でも特亜三国――中朝韓の三馬鹿ドモだけであり、それも「言い掛かりやでっち上げ」に近い難癖ばかりだったとも“バレ”ましたw
    ――それは日本に対してだけでなく、世界中に!

    ネットがそれには大きく貢献していますが、やはり「真実を嘘で覆い続けるコトは不可能」だったのでしょう。
    もちろん、日本政府や日本人が今までのように「特亜の捏造、でっち上げの自虐史観や日本への冤罪」を広めようとするのを黙って受け入れるのでなく。
    『キチンと一つ一つ証拠を突き付け反証反論し叩き潰す』コトが一番大事ですが、中国韓国といった国々やそこの国民連中が『自分で海外で恥をかき、問題や騒動を起こして』墓穴を掘っています。

    日本はそーした「亜細亜の悪友からキッパリと縁を切る(福沢翁)」のと同時に、いままで通り「世界の平和安定と発展に尽力して行く」コトをしているだけで、時間はかかりますが、自虐史観や東京裁判史観の頸木から脱していけるでしょう。

    ま、同時に日本国内の反日売国サヨクの日本人と特亜“在日”連中の大掃除も必要でしょうが┐( ̄ヘ ̄)┌
    その点が、安倍政権が粛々と進める『外国人登録証への制度切り替え』や『マイナンバー制度の普及』そして国際的な「対テロ撲滅の為の三法案」を始めとする法整備に、今通している「集団的自衛権」を始めとする安保法案でしょう。

    ――話が今日の議題からいささか外れ、余談を長くなった事を最後にお詫びだけしておきますm(_ _ )m

  72. 72
    baiannmidareame やす  :

    >「公共事業は日本を、そして日本人を救えるのか?」

    少なくとも、この災害大国日本では間違いなく救えるでしょう。

    国家として、国民を守るという意思を形で示すのは、公共事業なのではないでしょうか。

  73. 73
    jan2002 花のヤン  :

    >>gixさん
    >この20年、小泉劇場ならぬ小泉売国で建設業は干され続けてきました。

    おそらく、これは小泉売国だけでなく財務省の意向でもあると思いますよ。
    予算執行上の都合から予定単価基準を低めに設定しているのでしょう。
    この点ではデフレ不況は好都合だったと思いますが、これが今になって採算の合わない企業が増えて入札不調が続発する事態になったのでしょう。
    おそらく、彼らには将来を見据えたビジョンがなかったのだと思います。

  74. 74
    charleyace 影法師  :

    >>gixさん

    貴重なご意見ありがとうございます。単価下落に伴う職人の減少、若い世代への技術の継承の停滞。
    これらは日本国家として、非常に危機的な状況だと思います。背筋が凍る思いです。
    長年に渡り建設業を干してきた罪は、このままでは今後、国民全体で被ることになるでしょうね。

    早急な対策をしないといけませんね。安倍ドリルと言っている場合じゃないのですよ、安倍総理!

  75. 75
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>gixさん
    これは私「経済を学んでいて」ノウハウの継承やばくね?と思っていたことなのですが…
    私も自営業で本当に心が痛む話です。技術の継承の停滞って…ほんまなんでやぁ…!と。

    私が学んできた中で「日本の土建業は特別や」ということです。
    これだけ災害大国なんですから「柱一本の太さ、作り」にしても震災のない国と「当然違う」んですよ。
    >>影法師さんがおっしゃっている通り、インフラ、土木は災害大国にとって「血」です。
    理論は私も難しいことはわからへん。でも土木建築なくして、国土への建築、投資なくして「日本は日本のままでおれますか?」と思います。
    土木建築の方々の技術、ノウハウは絶対必要です。この災害大国日本やと。なくなったらどうすりゃええねん…理論では復活できへんで…

    という個人的な感想を述べさせていただきました。(今日司会のはずやのにw

    えっと、一応午前1時になりましたので討論会は終了致しますです~
    あ、一応ですので「書きたい方」はどうぞ~私もある程度付き合いますですよw

  76. 76
    charleyace 影法師  :

    >>花のヤンさん

    >たしかに、最低限のインフラは必要ですね。
    それに加えて経済成長を促すインフラ整備も重要な要因でしょう。

    花のヤンさんの仰る「最低限のインフラ」が、私の思う「最大限のインフラ」と「イコール」なのかが気になります。「イコール」なような気もするしそうでないような気も(笑
    今日はそろそろお時間ですので、またの機会にその辺りのご意見をお聞きできればと思います。

    皆様、今日はありがとうございました。

    ヤンさん。新しい方々も参加してくださり、いい討論会になりましたね!
    お疲れ様でした!

  77. 77
    jan2002 花のヤン  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    >ちょっと二人が議論するところは見てみたい気がするw)

    なるほど、それは面白そうですね。

  78. 78
    jan2002 花のヤン  :

    >>影法師さん

    こちらこそ、ありがとうございました。

  79. 79
    gix  :

    >>@suimaitimokuさん

    初めまして。
    素晴らしいご見識をご教授頂き光栄です。

    非常に勉強になります。
    これからも宜しくお願い致します。

  80. 80
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>影法師さん
    う~ん、やはり「先輩」の進行お見事…すげーなとw
    ちょっと私も「司会」の立場が多いのだから見習わないととw勉強していきますですw

    >ヤンさん。新しい方々も参加してくださり、いい討論会になりましたね!

    本当にありがたい話です。ちょっと今涙目(嬉しくてw)になっております。(すいません…皆様、実はまだブルーオーシャンでは実施2回目なんですよwww緊張wwww不安wwww)
    今日は本当に参加して頂いた方々に御礼申し上げ、また「我々が発言してほんの少しでも変えていけたら」という趣旨のもとまた「集っていいただけること」を切に切にお願い申し上げます。
    また私はこのサイトが「もっと発言権、影響力」を獲得するために「一層の努力をする」ことを今日、集っていただきました皆様方にお約束させて頂きます。

    あ、泣きそうだ俺。今日第二回目だもんね、ここ。なんか嬉しいwwwwwww

    >>花のヤンさん
    うん、多分議論交わすと面白いかもと思いますww
    多分お互い刺激があるんじゃないかなと。
    あ、あとGokaiさんはいい人です。途中で齟齬が生じても聞いてみたら納得出来ることもあるかと~

  81. 81
    @suimaitimoku  :

    さて、「公共事業の必要性の是か非か!?」について話を戻しますと、新たに電気自動車普及の為の『電気スタンドの普及』とか、リニア新幹線の敷設とか、治水治山の震災対策のインフラ新設とか……そーいう新たな『社会公共インフラ』への投資も議論として必要でしょうが、本当は「これまでに敷設、設置した電気・水道・下水道に高速道路や橋」といった既設の公共インフラの老朽化に対する補強、更新建て替えがもっと必要かつ喫緊の差し迫った問題なんじゃないでしょうか?

    なにせ、そーした戦後の高度成長期に一気に普及した公共インフラ――配線網から上下水、高速道路や河川の橋といったモノは造られてから早30年以上たち、半世紀を優に超えるモノも使われています。
    そしてこれらの老朽化したり更新期に来た“現在ある公共インフラ”への対応だけでもこれから30年~50年以上かけての維持管理・更新に必要な費用は約190兆円かかるといわれています。

    つまり、古くなった下水道や水道管、あるいは橋の架け替えや高速道路の高架の補修や建て替えだけで年に4.3兆~5.1兆円の経費がかかるという見通しが今から五年前には出ています。

    まー、考え方を変えれば電線の地中化に切り替えたり、半世紀経って物流交通の便の流れも変わってますから時代に合わせて橋の位置の架け替えを行ったりと、社会のニーズに合わせた国土再編のチャンスであると共に、「年に4.3兆~5.1兆円の公共事業需要が確保」できるので、それを利用して都市部や地方の、地場の建設土木の中小企業の経営を安定させることもできるでしょう。

    あと、“公共インフラの更新補修だけでそれだけの需要が内需として生み出せる”なら、元々『内需主導国』である日本ですから、再び国内市場(内需)だけで景気を上向かせ、成長を取り戻すコトも不可能ではありません。

    あと、今現在、世界の製造業は『生産組み立てのロボット導入、自動化』が進みつつあり一概に『人件費の安さ』が武器にはなりません。
    ですから、先進各国から(日本も含めて)産業の流出空洞化が叫ばれて久しいですが、その中身をよくよく見てみると「縫製作業など」の機械化が難しい人手が今でも必要な産業等であり、車や家電製品などは、中国ですら産業ロボットを導入し、人手を減らすことで人件費とヒューマンエラーによる不良品を減らして行こうとしています。

    そーしたコトを考えても、この先、先進国・発展途上国関係なく、製造業に「安い人件費」だけで労働人口が吸収される雇用需要が続くとは到底考えられません。

    一方で、日本のように、製造装置や加工精密機械、あるいは高度な部品や素材を生産できる国は強いです。
    でもその一方で、少子高齢化によりそもそもの労働人口が減るのも確かです。
    その労働人口の減少は製造業ではロボット化自動化で埋めることができるでしょう。

    しかし同じく介護や建設などの『人手の人間の細やかな対応や臨機応変が必要な』分野では、やはり人材人員不足は続くでしょうが、着てパワーアシストする「パワードスーツ」や機械化して介護補助する高機能ベットなどの開発導入で今まで数人がかりで行っていた介護も一人でこなせるようになったり、建設も同じように機械化や規格化で「熟練の職人」抜きの素人でも仕事ができるようにして行けば、充分に人手不足も解決できる可能性があります。

    そして、そうした産業ロボット技術の発展とコスト低下を進め省力化が進めば、別に『外国から安い労働力』という現代版経済奴隷を、移民を無理に日本に居れる必要もなくなります。

    本日は最後にこーいう提言というか、見方を残して個人的はお開きとさせていただきますm(_ _ )m

  82. 82
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>@suimaitimokuさん
    本日はご参加本当に有難うございました。
    ぜひぜひご提言を受けて、またご議論をさせて頂けたらと思います。

    うぅ…すいません、流石に眠くなってきましたので…

  83. 83
    baiannmidareame やす  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    本日はありがとうございました。

    正直私などは、安倍政権誕生時、三橋さんの仰っていた金融政策と財政政策のポリシーミックスでデフレ脱却できる!財政政策で藤井さんの仰っている国土強靭化計画がついに始動する!と胸をワクワクさせていましたから、公共事業?必要に決まってるだろ!とか思ってしまいます。

    あの時、素直に最初に言っていたアベノミクスで行っておけばいいものを、やれ成長戦略だ、金融政策だけでOKだ、財政健全化だ、などと間抜けなことを次々とやらかし、今では仮に公共事業をしてデフレ脱却しても、日本国民は貧困化するかも知れないといった懸念すら生まれてくる始末です。

    ・・・ふぅー、愚痴はやめます。

    お互い、頑張って行きましょう。

  84. 84
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>やすさん
    その感覚は非常にわかりますw
    私も当初安倍総理に「期待」を抱いた人の一人ですからw
    やすさんとほぼ同じ「期待」です。見事に裏切られてしましましたwwwwwww笑ってる場合じゃねーなwww的なwwww

    そうですね「我々、反新自由主義は大同小異なれば一致団結」しなければ「新自由主義的なものに対抗すら出来ない」が私の持論です。
    本当に「安倍政権もヤバイ」ので「一人ひとりが声を上げないと!まずい!」という状況なのかと思います。
    一緒に「日本が失われないために」頑張っていきましょう1!
    オッサンガンバルデー