公共投資や防災は日本におけるPCのハード(機器)

今日は公共投資や公共事業という「ハード」が軽視されがちな世間の風潮に、一言申したいと思って寄稿しました。
未だに日本では公共事業悪玉論が幅を利かせ、新聞なんかの社説を見ても「財政がどうだ」「規制緩和でどうだ」とバカバカしいものばかりです。

さらに世間的な風潮としては「我々の血税を無駄な箱物にどーちゃらこーちゃら」だとか本当にもうバカバカしい空気が覆っております。
そしてこの手の人達が好んで使うのが「防災・減災はソフトで対応する」という主張です。
つまり防災訓練だとかケータイに来る災害警報だとかこういったものですね。

でもちょっとまってくれと。
例えばパソコンで言えばソフトってのはWindowsだとかのOSだったり、そのOSの上で動くExcelだったりWordだったりフォトショップだったりするわけです。
これはスマートフォンで言えば本体がハード、ソフトはIOSだったりAndroidだったり、各種アプリだったりするわけです。

で、ハードの軽視というのは簡単に言うと
「じゃぁ貴方5世代くらい前のWindows98くらいの時のスペックのPCで動画とか見れるんですか?」
って話なんです。カクカクして見れたもんじゃありませんし現在の凝ったサイトだったら、まともに表示できませんよこんなの。
どれだけ中のソフトが優秀でもハードの限界を超えることって出来ないんですね。

スマートフォンで例えるともっとわかりやすいですが、例えばスマホはちょっと前まで電池の持ちが悪かったですよね?
なのでしょっちゅう充電しなきゃいけなかった。
んで電池持ちを良くするアプリとかもありますが、機種によってはアプリを入れてもそこまで劇的に良くならなかったりします。
一番早い方法は「最新の機種に変更」するか「拡張型のバッテリー」を積む、つまりハードの新設か拡張するかが「お金」を考えなければ効率的って話です。

つまり防災に対してソフトを重視するのも結構なんですが、これは「限られたハード、スペック」の中で「1%でも効率化して被害を減らそう」という作業でしか無いわけです。
(ちなみに改革とか世間様で呼ばれているものの「ほとんど」が、上記のチマチマした作業にしか過ぎません。しかも方向がことごとく間違っているという…汗)
一番効率がいいのは「ハードを新しくする」とか「スペックを上げる」なんですね。
勿論インフラや防災・減災にはハードの老朽化の話も入ってくるので補修も必要になってきます。

私が言いたいのは「どれだけ優秀なソフト」でもポンコツハードじゃ意味が無いってことなんですね。

さて翻って日本のハード、つまりインフラや治水、防災・減災等々はどういった状況にあるのでしょう?
最も近い事例で挙げるならば鬼怒川の堤防決壊、洪水という大きな災害がありました。

この例で見ますとなんと治水事業の予算はピーク時の3割強しか現在はありません。
特に鬼怒川の決壊地点は国土交通省のシミュレーションで「ここが危ない」とわかっていたところであり、治水事業の予算さえ減らされなければ被災していなかった可能性も十二分にあるわけです。
なんとも腹の立つ話であり、災害大国日本において防災・減災を怠ることは「自殺」と呼べる行為ですらあります。

さらに我が国のインフラはもう建設されてから50年近く立っており「更新時期」を迎えております。
マンションですとかはも一般的には40年~50年で建て直しになるのと一緒です。
ところが公共事業費が過激に削減され続けた結果、補修できない部分等々も沢山出てきているわけです。
これは当たり前で1998年の15兆円をピークに削減され続け今やたったの5兆円程度。

つまりマンションに例えると我々は「築50年の相当なボロマンション」に住んでいてるようなものなのです。
しかも補修されていない部分もかなりあるという、非常に危険極まりない状態なわけです。
そこで「そろそろ建て替えないか」と話をすると「財政問題が~」「建て替えは無駄」「災害にはソフトで対応(キリッ」等々のバカバカしい反論が出てくる状況、これがまさに今の日本の状況なのです。

こうやってたとえ話にしてみると本当に「バカバカしい思考停止型の論調」が世の中に蔓延っている、というのがおわかり頂けますでしょうか?

公共事業の必要性は防災・減災だけにとどまらず「日本という国を強くしていく」ためには必要不可欠な投資なのです。
湾口の整備や港の大型化は今まで釜山経由だった物が、直接日本に運ばれるようになるでしょう。
高速交通網の整備は災害に対する冗長性をもたせるだけでなく、その交通網を通じて人が行き来したり地方に居を構える人を増やすでしょう。
電線の地中化は災害に際しての救助活動が大幅に早くなるという効果もあります。また景観面でも大変プラスになるので観光産業としても良いことでしょう。

とこんな感じで本日の寄稿はおしまいっと。皆様に楽しく読んでいただけのなら幸いです。


このユーザーがいいねしています

  • holyfirework
  • jan2002

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)