職業に貴賎なし

今日は、secretary-of-japan氏のコラムです。本日は「職業に貴賎なし」という稿をいただいております!!! なお、前川氏が存在を明言した前川文書の一連のことを纏めて、一目で問題の概要をお知らせできるようにした前川文書(加計学園関係)のまとめーシンも、ぜひご覧ください。
人気ブログランキング
 日本の伝統的な思想として、「職業に貴賎なし」という考え方があります。もともと、石田梅岩という儒学者が著した「都鄙問答」での言葉を分かりやすくしたものとされています。石田梅岩が「都鄙問答」を著したのは徳川家治の治世の頃で田沼意次の改革が行われたころで、先日紹介した国学者、本居宣長が9歳の頃に作られたものです。 原文では  士農工商は天下ノ治る相となる。四民かけては助け無かるべし。
四民を治め玉ふは君の職なり。君を相るは四民の職分なり。b...

ご支援くださる方はクリック→