職持ち母親が増えている

今日はこんな記事です。 母親の有職率、5歳半児62.2%・中3生80.8%…増加傾向続く 「21世紀出生児縦断調査」というのがありまして、ある年に産まれた子供の環境について継続調査をするというものです。 今日の記事は、この調査結果から、母親がどれだけ職に就いているかを紹介しています。 詳しい内容は記事を見ていただくとして、大ざっぱな影響としては、・出産を機に職を離れる女性が多いが、子供が育つとともに再び職をもつ傾向にある・同年齢の子供をもつ母親を比較すると、近年ほど職をもつ割合が多い 記事にはH22年生まれの子供についての調査とH13年生まれの子供についての調査を紹介しています。 H13年生まれの子供が5歳のときに職についていた母親は51%でしたが、H22年生まれの子供が7歳のときに職についていた母親は62%と大幅に増えています...

ご支援くださる方はクリック→