①地方自治の本旨

①地方自治の本旨 憲法は、国と地方との関係を、憲法の草案者の感覚でうまく説明しようと試みています。ただし、今の日本国憲法はアメリカの押し付け憲法であり、不完全な面はありますが、目指すところは理想主義であることは明らかであり、否定すべきところは第9条以外ではほとんど無いと言って良いでしょう。しかし、どこの国の憲法でも憲法というものはあくまで最大公約数的に国民の合意を取り決めようとしているに過ぎないのであり、底流にある国民の国家に対する感情を説明する目的までは持っていません。すなわち、憲法が革命や反逆を奨励することはありません。しかし、なお、どこの国の憲法にも言えることとして、基本的人権の規定などに見られるように、弱い立場にある人民総体および個人の権利を守るという人類普遍の理想を掲げていることは、人類の虐殺と略奪の歴史を振り返るならば、感無量な思いで歓迎すべきことであるということは...

ご支援くださる方はクリック→