①安倍政権の「瑞穂の国の資本主義」というペテン

①安倍政権の「瑞穂の国の資本主義」というペテン 安倍政権発足当時、安倍総理は、故郷の美しい棚田を引き合いに出しながら、『私は瑞穂の国には、瑞穂の国にふさわしい資本主義があるのだろうと思っています。自由な競争と開かれた経済を重視しつつ、しかし、ウォール街から世界を席巻した、強欲を原動力とするような資本主義ではなく、道義を重んじ、真の豊かさを知る、瑞穂の国には瑞穂の国にふさわしい市場主義の形があります。』(文芸春秋平成25年1月号)と言っていました。私はこれに騙されました。私だけでなく、錚々たる経済学者の宍戸駿太郎氏が、丹羽春樹氏が、三橋貴明氏が、藤井聡氏が、中野剛志氏がみんな騙されました。安倍晋三のようにこうハッキリと嘘を言われたのでは打つ手がありません。 リーマンショックを引き起こしたものは、まさに、「ウォール街から世界を席巻した、強欲を原動力とするような資本主義」でし...

ご支援くださる方はクリック→