②安倍政権の「地方創生」というペテン

②安倍政権の「地方創生」というペテン 安倍政権の地方創生は、政府が金を使わずに、いかにも地方に関心を払っているかを偽装することに精力が注がれているようです。安倍政権が地方創生を打ち出したのは、増田寛也元総務相が全国約1800の自治体のうちほぼ半数の896自治体が消滅する恐れが高いと警鐘を鳴らした2014年5月の「増田ショック」だと言われていますが、本当に、安倍総理がショックを受けたとは思われません。初めから織り込み済みの予定ではなかったかと思われます。その証拠は次の通りです。安倍政権は記者会見で地方創生について、『重要なことは地方が自ら考え、行動して変革を起していくことだ。国も予算や人材等あらゆる方策を使って応援する』と発言し、平成27年度補正に3275億円、来年度に1兆3991億円の関連予算を計上しました。そして、地方創生の一環として、平成27年1月14日に、内閣官房まち・ひと...

ご支援くださる方はクリック→