地方創生のあり方

今日はこんなコラムです。 地方創生「頑張っている」感を出さなきゃいけない、オカシな実態 ちょっと長いので要約が難しいですが、乱暴にやってみました。 ・「地方創生」は、「少子高齢化に歯止めをかけ、地域の人口減少と地域経済の縮小を克服し、将来にわたって成長力を確保することを目指している」。・法的には義務づけられてはいないものの、都道府県および市区町村は、それぞれ「地方版総合戦略」を策定し、地方創生関連交付金を獲得する陳情競争をすることになった。・しかしながら、「まち・ひと・しごと創生基本方針2017」を見る限り、「地方創生」の政策は手詰まり感がある。・国としても、これといってアイデアはない。そこで、誰か「抵抗勢力」のような敵を作り、既得権者が「岩盤規制」に守られているがゆえに、経済活性化もできないし、「地方創生」もできない、という物語が創生した。・今や「地方創生...

ご支援くださる方はクリック→