②地方公務員の階級化

②地方公務員の階級化 (※ここで言う地方公務員は市町村の職員を指します。兵士、警察、消防士、県職は除きます。ここで問題とすべきは住民と共にある市町村の職員であって、住民の貧困の維持において市町村の職員以外の公職の責任は問いません。)現在、地方公務員と中小企業社員との給与水準が大きく乖離しており、その乖離の大きさから地方公務員は市民に対して優越した存在となっています。そして、地方公務員はその所得の優越性から住民の苦難に対して関心を持てなくなっています。一方、住民は、所得の低さと税負担の重さによって高い地方公務員給与の犠牲になっているというルサンチマン(強者へのうらみ)を募らせています。普段の社会生活の中で公務員への不満が話題に出てくることは余りありませんが、喫茶店や飲み屋では百人のうち百人が怒涛のように地方公務員への不満を言い募ります。福岡県のある自治体では、市税の滞納で市役所から...

ご支援くださる方はクリック→