こども保険に風当たる

今日はこんな記事です。 「こども保険」に財界反発小泉進次郎氏提案にも反発日商会頭「教育無償は税財源で」 財界が、保育や幼児教育無償化の財源として自民党内に浮上している「こども保険」に警戒感を強めている。日本商工会議所の三村明夫会頭は5日の記者会見で、「税財源や消費税の引き上げが正統的な議論だ」と強調。経済同友会の小林喜光代表幹事も「こども保険よりも消費税率10%への引き上げが先」と指摘し、経団連も反対する提言を出すなど反発を強めている。 私個人は、割と「そもそも論」が好きなので、どちらかというと「こども保険」は好みではありません。しかし、日本の少子化はそんなことを言っていられる状況ではないので、「お金をとれるならどこでもいい」と考えています。 しかし、お金をとるにはコンセンサスを得ることが必要です。財界が反発すると、自民党は弱そうですね。 ...

ご支援くださる方はクリック→