需要あってのAI投資

『輸出競争力むしばむ「日本病」、リスク取らない経営者』(8/16ロイターコラム田巻一彦)https://jp.reuters.com/article/column-idJPKCN1AW0DL?sp=true「日本の輸出競争力に陰りが出ている。アベノミクス効果で円安基調が定着しても、輸出額は過去のピークを下回ったままで、経常黒字に占める貿易黒字の割合は20%程度にとどまっている。この背景にあるのは、日本企業の経営者を覆っている「リスクを取らない」心理にあると指摘したい。(略)最近の韓国では、新政権の意図した最低賃金の引き上げによって、人件費カットの目的で機械化や自動化の動きが急速に進展しているという。日本では人手不足という要因で、同じように人件費の高騰が企業業績に影響を及ぼすようになっているが、韓国の一部でみられるような「無人コンビニ」の実証実験などの動きは、まだ出てきていない。(略)行動し...

ご支援くださる方はクリック→