アメリカ・北朝鮮・グローバリズム危機の中で

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへグローバリズムこそが北朝鮮と中国の台頭を許した第一次グローバリズム(19世紀~第二次世界大戦前あたり)は覇権国家であったイギリスを凋落させアメリカの台頭を明確にしたように、今度もまた同じことが起きようとしているのだろうと思います。つまりは東アジアにおけるアメリカの凋落と中国の台頭、その覇権の移行の過渡期が現在だと解釈可能なのではないか?と思います。中国がバックに居る北朝鮮の危機に対してアメリカは、打つ手が無いのが現状でしょう。たとえ中国が北朝鮮へのアメリカの軍事侵攻を黙認したとしても、韓国には数百万の被害が出たとなればアメリカのプレゼンスを東アジアで保持することは不可能ですし、また中国への圧力をアメリカは現在かけておりますが、貿易戦争に発展したとしてアメリカが勝つ見込みはあるのか?と...

ご支援くださる方はクリック→