デフレの怖さを知らぬバカ

人間の心はまことに不思議なもので、20年以上もデフレ不況が続くと、『不況』という好ましからぬ環境に不満を抱くどころか、それを積極的に受け容れようとする者が現れる。今回ご紹介する記事にも、そんな“不況容認論や成長否定論”が溢れ返っており、こんな暴論が易々と受け容れられるようなら、我が国の経済成長や国民所得の増進は、まさに“いばらの道”であろう。『インフレは歴史的に革命や暴動を招いてきた~井沢元彦と予測する「日本の未来」』(9/11東洋経済オンライン中原圭介/経営コンサルタント,経済アナリスト)http://toyokeizai.net/articles/-/187239以下、井沢氏と中原氏の対談内容を一部抜粋してみる。【中原】歴史的に見ると、革命や動乱というのは、デフレのときにはまったく起きていません。すべてインフレのときに起こっているんです。18世紀のフランス革命もそう、20世紀の天安門事...

ご支援くださる方はクリック→