①資本家の投資が最も大事であると考える古典派経済学

①資本家の投資が最も大事であると考える古典派経済学 金本位制の当時においては、投資の重要性については、新古典派経済学もケインズ経済学も同じであり、投資家の動機の変化が景気動向の主な要因であると考えています。なぜなら、金本位制下においては、政府は自由に貨幣を発行することが出来ず、資金は貨幣を集めた投資家の手元にしかないからです。土地、株式、債権などへの投資も、同様に投資と呼ばれますが、証券市場における株式や債券の売買では、買手の投資への参入に対して、必ず反対側に売手の投資からの退出がありますから、総合するとゼロになります。よって、現在の経済学で投資と言うときは、ほとんど企業の設備投資を指すようになっています。これもケインズの影響を受けての現象です。古典派経済学がいう投資の定義とは、あるときは、設備投資、在庫品増加、運転資金への投資であり、あるときは、株式や債券などへの投資であると...

ご支援くださる方はクリック→