②現代日本の四階級構造

②現代日本の四階級構造 日本の社会は、経済面または搾取の構造から見ると、「投資家・債権者」、「官僚・公務員」、「企業経営者・個人商店」、「民間労働者」というように4つの階級に分かれていると考えるのが妥当であろうと思います。ここで「官僚・公務員」を「民間労働者」とを分けたのは、現在の日本において、「官僚・公務員」は「民間労働者」とはかなり異なる意識、待遇、政策決定への影響力を持っているからです。そして、税制が「企業経営者・個人商店」、「民間労働者」の重荷になり、それらが困窮するに従い、それと引き換えによって成立する「官僚・公務員」の所得の安定性は明確な階級としての格差であると言うことが出来ます。むしろ、現在の「官僚・公務員」が弱肉強食の自由競争を容認する姿勢は中央政府の政策だから止むを得ないというよりも、勝者の仲間入りを果たしたことの安堵感から、もともとの性癖である敗者に対する冷...

ご支援くださる方はクリック→