東電柏崎の再稼働

東電柏崎の再稼働原子力規制委が東電柏崎原発の審査合格の判断を先送りした、と報道されました。東電柏崎原発はA-BWR型といわれるBWRでは比較的新しいタイプの原発ですが、BWR型原発特有の脆弱な構造は変わっていません。従って、よほど構造的な改造を行わない限り再稼働は無理であろう、と私は思っていました。ですので、「合格」を前提にした議論などありえないだろうと思っていたのですが、原子炉及び格納容器並びに冷却設備の構造に関する技術的問題をそっちのけで、「東電の原発事業者としての適格性」についての議論にすり替えが行われており、そのことの議論が不足しているので判断延期をしたとされているのです。これは由々しき問題です。「法人の人格」などではなく「BWRの構造」が問われなくてはならないのに、そのことを隠そうとしているのです。実は、原発の事故は地震・津波が無くても起こり得るのです。そして事故が起きても「ここ...

ご支援くださる方はクリック→