子育て支援としての「転勤凍結」

今日はこんなコラムです。 第3子の増加策子育て世帯の転勤なくせ 産経新聞の論説委員・河合雅司氏によるものです。 乱暴にまとめてみます。・児童3人いる世帯の割合が減少しつつある・21世紀出生児縦断調査によれば、20代のうちに子供を産みたい中学生の割合が増えている・出生率を増加させるためには、20代以下で出産した人や3人以上出産した母親に対するインセンティブを強めることが必要(このコラムでは、以前第3子以上に1000万円規模の現物給付を行うよう提言)提言・通勤負担の軽減:子供が小さいうちだけでも職場に近いところに住居を構えられるよう税金で家賃補助を行う・転勤の凍結:20代や子供が3人以上いる母親の世帯については転勤を凍結、あるいは勤務地を選べるようにする 都心なんかだと、そもそも住める場所に限りがあるので通勤負担の軽減はなかなか難しいだろうと思いますが、...

ご支援くださる方はクリック→