10月の解散総選挙へ向けて現状分析編(1)

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ10月に総選挙が実施されるようです安倍晋三首相、衆院解散を決断10・29衆院選が有力北朝鮮情勢の緊迫化で方針転換「安保法制の意義問い直す」創価学会も緊急幹部会(産経)安倍晋三首相は、28日の臨時国会召集から数日以内に衆院を解散する方針を固めた。11月上旬にトランプ米大統領の来日が予定されていることから、衆院選は10月17日公示-10月29日投開票が有力だが、10月10日公示-10月22日投開票となる可能性もある。首相は今月18~22日に訪米するため、帰国後に政府・与党で最終調整する構え。ということで10月に解散総選挙の運びになるようです。まずは日本の現状をざっと書いてみて、それから各政党の分析をしていこうかなと思います。っと、その前に・・・・「安保法制の意義を問い直す?」 ...

ご支援くださる方はクリック→