人づくり解散

今日はこんなニュースです。 「人づくり解散」教育・子育て支援争点に 総理が衆議院解散を決意したそうで。 「大義がない」という批判があったようですが、首相は今回の解散を「人づくり解散」と位置づけ、教育や子育て支援に対する税金の使い道を拡大、充実させることを争点の柱として掲げる方針なのだそうです。 さらに「後付けの大義」という批判もあるようですが、首相が「高齢者中心の社会保障から子どもや若者への支援拡充に転換する」という方針を本気で考えているなら、これは日本の人口史から見て大きな一歩となる可能性があります。腰砕けになる可能性もありますけどね・・・。 首相がどこまで本気なのか見守りたいと思います。 ただ、消費税を10%に引き上げて日本の経済が大丈夫なのかはちょっと心配です。経済や雇用が悪くなると少子化対策どころではないですからね・・・...

ご支援くださる方はクリック→