ダウンサイジングが選挙の争点化する不幸

『衆院選で首相、消費増税の使途変更問う教育無償化に~財政健全化遠のく』(9/19日本経済新聞電子版)https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H2A_Y7A910C1MM8000/?dg=1「安倍晋三首相は18日、2019年10月の10%への消費増税を予定通り実施し、増税分の使い道に子育て支援や教育無償化の財源を加える検討に入った。8%から10%への増税分の約8割を財政健全化に回すとした使途割合も見直す。憲法改正とともに10月22日投開票の衆院選で訴える。ただ20年度にプライマリーバランス(基礎的財政収支、PB)を黒字化するとの目標は先送りが不可避だ。(略)」報道のとおり、安倍首相は9月28日召集の臨時国会の冒頭で衆議院解散を宣言し、10月10日公示~22日投開票の日程で衆院選を行うとのこと。今回の解散報道を巡り、野党から、「森友・加計問題隠しだ」、...

ご支援くださる方はクリック→