北朝鮮問題をどのレベルで考えるべきか?

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ前提条件の確認をしなければならない北朝鮮問題を考えるにあたって、日本の前提条件、考えうるシナリオというものを設定しておかなければ、おそらくは議論としては成り立ちにくい話となるでしょう。ということで、まずは希望のシナリオと絶望のシナリオ、そして中間のシナリオの3つを設定してみたいと思います。A:希望のシナリオ日本が早い段階で財政出動の重要性に気が付き、デフレから脱却。名目GDPは6~7%と中国並みにのびるので、必然的にGDP1%枠の防衛費も中国との差がつきにくくなるシナリオB:絶望のシナリオ逆にいつまでも緊縮財政、デフレであり、経済は後退し、従って少子高齢化も止まるはずがなく、2~30年後には中小国にまで落ちぶれるシナリオC:中間のシナリオたまに思いついたように財政出動するが戦略性はな...

ご支援くださる方はクリック→