「少子化対策を最重視」

今日はこんな記事です。 安倍首相、少子化対策を最重視=衆院選旗印か、戸惑う自民 日本の今後100年を考えたときに、最も重要な問題は少子化です。 1989年の1.57ショック(合計特殊出生率が過去最低)以来、少子化が問題となるのはわかっていたはずなのですが、それから約30年、「少子化対策を最重視」と言ってくれるような首相はこれまでいませんでした。 もっと評価していいと思うのですが、マスコミは冷たい。 政局に利用しているだけだったとしても、実際に仕事をしてくれるなら、出生率が上がるならいいじゃないですか。もっとポジティブにとらえる価値があると思います。 ただ、批判で一理ある点があります。抜粋します。 一方、税収の使途変更は政府・自民党内で表立って議論されたことがなく、自民党の厚労族議員は「思い付きでやってもらっては困る」と批...

ご支援くださる方はクリック→