地方はどうすればいいのか

今日はこんなコラムです。 少子化の時代に、地方のトップが心がけるべきこと 先にコラムの結論を書いてしまうと、「自治体は大学と企業を抱き合わせで誘致するよう努力すべき」ということになると思います。例として、このコラムでもご紹介したコマツのケースを参照しています。 しかし、ちょっと気になる記述があります。以下引用します。 数か月前の話なりますが、ある自治体の知事選挙に出る候補者から「何か目玉になる政策はないか」と意見を求められたので、「大企業の本社機能の一部を誘致することと、地域の大学の底上げをすること(有名大学の誘致や大学の新設も含めて)の二つが核になる」と申し上げたところ、「そんなこと、できるわけがない」と切って捨てられました。できない理由ばかりを挙げて現状を放置したらその地方はどうなってしまうのか、その候補者はまったく理解していなかったのでしょう。...

ご支援くださる方はクリック→