消費増税のつかいみち

今日はこんな解説です。 安倍首相は盗んだのか?ついに”禁じ手”へ。 安倍首相の公約が「消費税の使い道を、財政再建から幼児教育に振り替える」になりそうです。具体的には、現在3歳~5歳の子供の保育料を無料にするということになるのだそうです。 記事の前半は、これが民進党前原代表のアイディアではないか、ということについてです。しかし、記事では、アイディアそのものは以前からあり、前原代表独自のものではない、としています。 後半では、この公約をべた褒めしています。消費を活性化する効果を期待しています。 しかし、日本の将来を考えるなら、目の前の経済だけでなく本当に子供が増えるのか、という視点のほうが大事だと思います。 もちろん、子供がいる家庭は保育料が無料になると楽になるでしょう。しかし、「ならばもう一人」というところまでの効果があるでしょう...

ご支援くださる方はクリック→