野党は少子化対策をどうするつもりなのか

今日はこんな記事です。 民進、希望に合流へ=野党結集、安倍政権に対抗―衆院、28日解散【17衆院選】 民進党が、希望の党に合流し、自由党との合流も検討しているということです。 それぞれの党の少子化対策政策を調べようと思っていたのですが、なんか意味がなさそうです。 これまでのところ、自民党は消費税増税で子育て無償化を主張していました。民進党も消費税増税と子育て支援を主張していたように思います。 一方、希望の党は増税延期を主張していたように思います。増税延期によって少子化対策がどうなってしまうのか、が気になっていたところでした。 民進党が希望の党に合流した場合、少子化対策はどうなってしまうのでしょうか。 このブログでは、消費税の増税がなくとも、児童手当の廃止と法人税の税率と優遇策を適用することによって多子世帯を増やすことが...

ご支援くださる方はクリック→