②民間の貯蓄は国家および国民のためにならないという道徳観

②民間の貯蓄は国家および国民のためにならないという道徳観 ケインズはM(マネーストック)の中でも、M1(取引動機による貨幣保有の量)の回転によって所得Yが生まれると言っています。回転数をVとすると、Y=M1×Vです。貨幣数量説ではM(マネーストック)の全てが回転し所得Yが生まれるという考え方になります。Y=M×Vです。まず、Mの全てがM1となるとした場合、政府支出が民間の生産を増やす仕組みについて、考えてみます。例として、政府が公共事業などで100万円の公共投資をし、国民Aがこれを請負い、国民Aは100万円分の道路を建設し、100万円を得たとします。この段階を有効需要の創出と言います。その結果100万円分の道路が生産され、国民Aは100万円を保有します。次に、国民Aの100万円を得ようとして、国民Bが100万円の自動車を作り、国民Aに売ります。その結果、自動車100万円分が生産さ...

ご支援くださる方はクリック→