特別養子縁組

今日はこんな記事です。

産めない母と育てられない母「特別養子縁組」で子どもを授かるという選択

特別養子縁組の話題です。特別養子縁組とは・・・

特別養子縁組は、6歳未満の児童を対象に、家庭裁判所が「子どもの利益のために」必要だと判断した場合、実親との親子関係を消滅させ、養親の実子とする養子制度だ。

家を守るためなどを理由に親族間で行う「普通養子縁組」と違い、戸籍上も「養子・養女」ではなく「長女・長男」と記載され、離縁も認められない。つまり、血のつながらない子どもを家族として受け入れるための制度となる。

・・・ということだそうです。

この制度の意義は、親の事情で中絶させられるかもしれなかった子供を救うことができることです。

現在、年間に産まれる子供の数は約100万人です。人工妊娠中絶件数は、なんと約20万人です。

一方で、体外受精の実施件数も20...

ご支援くださる方はクリック→