英語ペラペラ教育と文系廃止で、国民の頭脳をペラペラにする安倍政権

英語ペラペラ教育と文系学部廃止で、安倍政権は日本国民の頭脳をペラペラにしようとしています。

まず、英語から説明します。

英語をペラペラに話せるようになるには、「英語のまま思考する」必要があります。しかし、英語のまま思考する場合、日本人は絶対にネイティブ並みの深い思考はできません。

せいぜい、中学3年~高校2年レベルの単語・論理でしか物事を考えなくなります。

そして、そういった場面が会社やプライベートで増えてくると、どんどん日本人の思考力は低下していくのです。

文系学部(一見役に立たない学問)の廃止も、同じように日本人の頭脳レベルを下げていきます。

文系で一見役に立たない学問、例えば哲学では、思考そのものを疑ったり、「思考を思考する」ような高度で抽象的なことが求められます。

こうした、一見すると役に立たない学問が、実は日本人の思考レベルの底上げにつな...

ご支援くださる方はクリック→