「一億総活躍社会」を実現できるのは、ベーシック・インカムしかない

安倍総理は、全ての人が職場や家庭で活力を発揮できる「1億総活躍社会」を目指すと表明。
政権の経済政策アベノミクスの「新三本の矢」と銘打ち、
(1)国内総生産(GDP)600兆円の達成
(2)子育て支援拡充
(3)社会保障改革―
に重点的に取り組むと訴えた。
「一億総活躍社会」・・・
キーワードだけあげれば、実に素晴らしいと思う。
本当にその通りだと思う。
しかし、それを実現できるのは、ベーシック・インカムだけである。
ベーシック・インカムこそが、「一億総活躍社会」を創ることができる。
「一億総活躍社会」とは、
すべての国民が、生活の心配をすることなく、
自分が本当にやりたいことをやり、自分の能力を最大限に発揮することである。
企業で働く人もいれば、主婦として力を発揮する人、ボランティアで力を発揮する人、リスクを負って起業する人・・・
いろんな人がいるが、それぞ...

ご支援くださる方はクリック→