GDPとマネーストックの関係

GDPとマネーストックの関係

銀行や信用金庫などの金融機関だけがお金を預かることが出来ます。その預金を原資として貸付を行い、貸付けられたお金は支払いに使われ、支払いを受けた者はそれを預金し、再び、金融機関はそれを原資に貸し出します。これが繰り返されることで、預金総額と融資総額が増えて行きます。この預金総額は融資総額と相殺されることなくマネーストックにカウントされますから、マネーストックが増えることになります。これは、間接金融に存在する信用創造機能です。
また、政府が国債を発行して金融機関からお金を借り、政府投資で支出すれば、金融機関の預金が減少したとは見なされないで、財市場の貨幣が増えますから、それで、マネーストックが増えます。これも、金融機関から政府に融資した場合の信用創造であるということが出来ます。 直接金融には信用創造機能はありません。間接金融では、預金を原資としな...

ご支援くださる方はクリック→