言葉の力の恐ろしさ・ワンフレーズの破壊力

まいどコテヤンです。

大阪W選がいよいよ迫っている時に、また怪しげな思考をしていたのですがw
今日は言葉というものに焦点を当ててみたいなと。

「既得権益」「○○の腐敗」「一党独裁」「既成政党」

なんだ中身はよくわからないけど、なんだダメなんだろうなぁというイメージだけの言葉。
一つ一つ定義を明らかにしていくと

既得権益って字面から「既に権益を得ている」ということなのだと思います。
つまり権益を得た時点から既得権益というものになると。
そう考えるとこの世に何らかの権益を得ていない人はいないことになり、つまるところ世の中すべて既得権益で出来ていることになります。

ところが実際には「大阪市役所は既得権益」とか批判的なイメージで使われているようです。
でもちょっと待てよ?
「日本人は既得権益」と在日外国人が言い出したらどうなるでしょう?
いま難民問題で...

ご支援くださる方はクリック→