大阪の朝日放送がTPP問題の本質を取りあげた!(拡散希望)

先日、大阪の朝日放送『正義のミカタ』というバラエティに近いニュース番組において、『TPPの大筋合意で日本の医療制度が崩壊する!?』と題して、ジャーナリストの堤未果氏が解説されました。

早速、動画が上がっています(近々削除されるかもしれませんが)。


TPPに関しては、農作物だの工業製品を中心とした関税撤廃等の話題で持ちきりですが、堤氏が番組内でも解説されていたように、重要なことは、関税よりも、むしろ医療等知的財産権やサービスに関する非関税障壁撤廃の方です。
これらの問題が正面から取り上げられたこと、さらには推進派や賛成派の識者や政治家を抜きにして、番組が進められたことは画期的なことです。反対の意見ばかり紹介するのは、不適切ではないかとの意見もあろうかと思いますが、他のマスコミ報道がどちらかと言うと、肯定意見を多く紹介する中で筆者は評価されてしかるべきだと考えます。

...

ご支援くださる方はクリック→