父さん育児の日

今日はこんな記事です。

今日は「父さん育児」(10月19日)の日~帰りの電車で「父親」を考える~

昨日10月19日は、単なる語呂合わせで「父さん育児の日」だったのだそうです。ネットで探してみるといくつかイベントもあったようですが、社会的に認知されている日ではなさそうですね。

父親が育児や家事を担当する割合が多い家庭ほど子供が多いという調査結果もあり、イクメンの育成は少子化対策の一つといえます。「父さん育児の日」もその一環でしょうか。

ただ、なんか無理があると感じるのですよね。

受験生にはあれほど勉強せい、勉強せい、といって勉強させられ、「アリとキリギリス」などを読まされて勤勉の必要性を刷り込まれた国民に、「そんなに働かなくてもいいんだよ」と言われて違和感を感じないほうがおかしい。

勤務時間の短縮は、生産効率を上げることと一体で行わないと、「怠けている」と...

ご支援くださる方はクリック→