労働(経済成長)ではお金は増えない/Gokaiのブログにて

<経済成長とお金の増加の因果関係はないことの説明>

多くのヒトは「裕福になろう他のヒトも裕福にしよう」と経済成長を望みます。
だから「財政再建なくして経済成長なし、構造改革なくして財政再建なし、痛みに耐えよう」の言葉に呼応しその首相を熱狂的に支持したこともありました。

痛みに耐えるのも経済成長のためだと思い続けてきたのです。
そして経済成長すれば、裕福な国民が増え、自分自身ももチャンスができると多くの者が思いました。そして今もそのように思っています。

しかしほんとうに経済成長とはそのようなものなのでしょうか?
それが正しいのでしょうか?

Gokaiは、経済学が言うところの経済成長とはどのようなものなのかをまずは正しく正確に知る必要があると思います。確認作業が必要なのだと。
多くのヒトは、今更何を言うかと「ヒトの意表を突くことを言うのが楽しいのか」とある種気分を害されるかもしれませんが、“経済成長”ということばに多くの人は、漠然したイメージだけしか持っていないのが事実なのではないでしょうか?
そしてそのおかげで日本社会全体が迷路に迷い込んでいると思えてなりません。

Gokaiの話はそんなのばかりかもしれませんがお付き合い願えれば幸いです。逆に言えば、こんな話のネタでないのであれば、Gokaiの発言の存在価値など無いに等しいのです。

(閑話休題)

ここからが本論です。
さて経済成長とは経済学では、GDP(Gross Domestic Product)の増加の事を指します。さらにGDP(国内総生産)とは、国内で生産された付加価値の総額のことです。
で付加価値とは、「販売額-仕入額」と定義されています。

(続きは以下でお願いします。)↓

http://ameblo.jp/nanaminoyuu/

尚コメントくださる方は、ブルーオーシャンにて幸いです。 m(_ _)m


「労働(経済成長)ではお金は増えない/Gokaiのブログにて」のコメント一覧

  1. 1
    holyfirework 灯火  :

    お金を増やせば、必ずしも、国民が幸せになるわけではないことは、日銀の金融緩和が示しています。

    今、日本人を幸せにする為に必要なことは、お金を国民の手元へと、きちんと循環させ、国民に安心感を与えて、消費しやすくする環境を整えることではないでしょうか。

    そのためには、経済を成長させ、働く人がきちんと報われる社会にすることが大事だと思います。

  2. 2
    Gokai  :

    >>灯火さん

    コメントを賜りお礼申します。
    大変に参考になります。
    おそらく多くの方が灯火さんと同じように思っておられるんだと思わせます。
    けれど日本人のそのストイックな一面が真実から目を背け、1990以降の日本の惨状を招いているともいえそうです。

    >お金を増やせば、必ずしも、国民が幸せになるわけではないことは、日銀の金融緩和が示しています。

    なお、日銀の認めるお金は大きく分けて、2種類あります。ご存知のとおり、MBとMSです。
    今、日銀が金融緩和と称して増やしているお金は、MBのほうです。
    子のMBはいくら増やそうが国民がお金持ちになるお金ではありませんので、はっきり言って無意味だけでさえなく弊害もあります。
    本当に増やすべきは、MSのほうですが、
    それは、なされていないといっていいレベルです。
    ところがこのことをリフレ論で理解しようとしてもそれができません。
    なぜかというとリフレ論じたいが、現代金融をきちんと理解しない上に論じられてきたからです。
    もっと平易に言えば、「お金とは何か?」の問いに答えられていません。
    そういう意味では、ミハエル・エンデから一歩も進歩していないということです。
    「エンデの遺言」 http://rothschild.ehoh.net/material/animation_03.html
    これは、反リフレ論者とて同じなのでそこに日本を長期不況から脱出させない現況があるのだともいえます。

    >そのためには、経済を成長させ、働く人がきちんと報われる社会にすることが大事だと思います。

    経済成長は結果に過ぎませんといえば、現状の経済学知見では不思議なことを言うとお叱りを受けるかもしれませんが、
    そうではなく、経済成長させること事のできる“お金(MS)”の方にもっとしっかりと目を向けてほしい。そうすれば「働く人が報われる社会」を実現する方法が見つけられると思います。

  3. 3
    holyfirework 灯火  :

    >>Gokaiさん

    エンデですか。
    Gokaiさんも、お金の価値と意味の根源について考えられたのですね。

    しかし、Gokaiさんは、私とは違う答えに辿り着いたのでしょうか。

    〉そうすれば「働く人が報われ る社会」を実現する方法が見つけられると思 います。

    Gokaiさんの考える方法をお聞かせください。

  4. 4
    Gokai  :

    >>灯火さん
    >エンデですか。
    >Gokaiさんも、お金の価値と意味の根源について考えられたのですね。

    これはうっかり。
    灯火さんのブログはありませんか?

    >Gokaiさんの考える方法をお聞かせください。

    私は、PC苦手なのですが、とりあえずこのあいだ始めました。おいおい書いていくつもりなのでそれでお伝えできればですが、
    基本的に、現代経済学に対する挑戦状ぐらいの覚悟で発信していきたいと思っています。

  5. 5
    holyfirework 灯火  :

    >>Gokaiさん

    私は今はブログはやっていません。
    近々始める予定はあるのですが、私、アメブロでは、別の名前で活動しているのでw

    いずれ、Gokaiさんのブログにお邪魔しますね。