ブルーオーシャンはどこを目指すか?ロードマップの話

ご大層なタイトルを付けておりますが、なんのことはありません。「何をどうやって行くのか?」をご提案さし上げた上で、皆様にご議論いただき更に良い物にしたいという試みです。

【ブルーオーシャンの理念】
さて、ブルーオーシャンの理念とは反新自由主義であります。
右も左も革新も保守も民主も共産も自民も公明も関係なく「国民を豊かにする政策」「国民を豊かにする議論」をしていく場だということです。
立場に関係なく皆で学び、議論し、質問し、意見し、反論ができる。そういった自由な言論空間の確保も当初、私の中にあった目的の一つでもあります。

それを通じて反新自由主義、反グローバリズムの思想を認知していただき、それを正しいと思った方たちがさらに輪に加わる。
そういった循環的な話になろうかと思います。
そしてそれは「数少ない反新自由主義・反グローバリズムの有力言論人」の支援になると思うのです。

【ロードマップの単位】
ブルーオーシャンは恵まれている方だと思います。なぜなら最初から「運営メンバー」もいて、協力・協調できるサイトもあって、さらにはそういった「反新自由主義陣営」の後押しを得られているのですから。
しかしこれに甘えてこのままでは、先に書いた理念は達成されません。どうやって「反新自由主義・反グローバリズム」を広げていくのか?という手段、つまりロードマップが必要不可欠です。

しかしながらウェブ制作の専門家として言わせていただければ、アクセスアップは一朝一夕にはいきません。
3ヶ月、半年単位で考えるべき非常に緻密で高度な戦略と、アクセスアップのためならば「何でもする」という柔軟性に富んだものでなくてはなりません。

【何よりもコンテンツの充実】
コンテンツのないサイト、空疎なコンテンツのサイトには誰もきません。
私は最初の半年間はコンテンツの充実によるアクセスアップに務めるべきだと思います。
またコンテンツの表示の最適化という問題もあるでしょう。本当に今、初心者にフォローができているかは疑問です。
(すいません…自分で作っておいて…)

コンテンツの充実を図るには「表現したい人たち」の充実が重要だと考えます。
ブルーオーシャンは私のブログではなく、皆様の表現する場なのだという認識を広めることが重要だと存じます。
以上のことから下記のロードマップをご提言差し上げます。

【ロードマップ・実現手段】
1)最初の半年間、つまり来年3月までアクセスアップに務めるべき(それ以降も勿論務めますが)
2)アクセスアップがかなった際は次に「会員登録率」のアップに務める
3)循環的に会員登録率がアップすれば、コラムを書いていただけることも多くなるかも?
4)さらなるアクセスアップへ

つまり循環的にアクセスアップから会員登録にいたり、コラムを書いていただける方が増えたら、さらなるアクセスアップが可能なのではないか?と思う次第です。
このためには以下の様な手法を使います。

1)SEO(検索エンジン対策)の徹底化
2)動画等々によるブルーオーシャンの認知度のアップ
3)拡散的手法によるリンクの拡散(例えば2ちゃんねるでソースとしてブルーオーシャンのURLが書き込まれる等々)
4)知名度の高いサイトでご紹介頂く(どうすればいいのやら…orz)
5)グーグルアドワーズ(グーグルの広告))の設置で収入を得て、Googleにてグーグルアドワーズによる広告掲載で認知度アップ等々の「得たお金を広告に回す戦術」もありだと思われる
6)会員登録率のアップは「帰巣本能」的に「せっかく会員登録したんだから」という意識を働かせる。

どうやってユーザーを増やしていくか?
どうやって反新自由主義を広めていくか?

まだ私もロードマップを正確には描けていないのですが、だからこそ「皆様」のお知恵を拝借したいと思い、本コラムに書かせていただきました。
ご提案、ご提言、意見、反論、質問何でも結構です。
「如何に反新自由主義・反グローバリズムのブルーオーシャンを育てていくか?成長させるか?」
ご意見頂けましたら幸いです。


このユーザーがいいねしています

  • holyfirework
  • charleyace
  • jan2002

コテヤン@どうやら管理人
About コテヤン@どうやら管理人
とあるご縁でブルーオーシャンを立ち上げることに… YouTubeでは高橋聡として動画投稿しております。 チャンネルへ |  反新自由主義・反グローバリズム コテヤン基地(毎日更新) |  進撃の庶民(毎週月曜寄稿)

「ブルーオーシャンはどこを目指すか?ロードマップの話」のコメント一覧

  1. 1
    holyfirework 灯火  :

    これについては、私も、皆さんのご意見をお聞きしたいですね。

    コラムや記事の充実を望むのか、討論会のような参加型のイベントを望むのか、それとも、常設型のいろんなことを気軽に話し合えるチャットルームみたいなのが良いのか。

    皆さんのご意見を是非、お聞かせください。

  2. 2
    なかはらさとる  :

    常設型の議論用の掲示板に1票です。
    もう少し長い期間で、時間の制約なしに議論する場があればと思います。

    ・現在実施されている討論会は時間が限られている。
    ・各記事のコメント欄での議論は、その記事に対する議論になるし、新しい記事が載るとそこに人が流れてしまう。

    書いていて思ったのですが、コメント欄での議論が盛り上がったものをピックアップする形でも良いかもしれません。
    またモラル的にはどうかと思いますが、他の個人ブログ(特に新自由主義やリフレ派の)で盛り上がっている記事に対しての議論も良いかもしれません。個人ブログでの議論は、どうしてもブログ主の主張が神様になり、自由な方向の議論ができていないと感じています。

    議論をする事で、互いの知識が補完され、間違った主張、認識には修正が加わり、参加した人全員にメリットがある場になればと思います。

  3. 3
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>灯火さん
    >>なかはらさとる

    ご意見、ご提案ありがとうございます。
    なるほど、常設型の掲示板ですか。

    確かにこれはあっても良いですね。
    例えば「みんなの掲示板」という感じにすれば、経済と政治だけでなく色々気軽に書き込めそうな気がします。
    アイディア次第で一番気軽に書き込める所になる可能性もあると思います。

  4. 4
    holyfirework 灯火  :

    >>なかはらさとるさん

    ご意見、ありがとうございます。
    サイト運営の参考にさせて頂きます。

    〉常設型の議論用の掲示板に1票です。 もう少し長い期間で、議論する場があればと思います。

    それは可能です。
    問題なのは、他のコラムや討論会との差別化です。つまり、何を議論するのか、長期間議論できるテーマは何か、ということです。
    一般的に議論が盛り上がりやすいのは、時事的なテーマですが、冷めやすいのもまた、時事的なテーマです。
    かといって、普遍的な重要テーマは、普遍的に解決しにくいからこその、難易度の高い問題なわけで、長期間議論続けられるかは、なかなか厳しいものがあるのではないかと思います。
    その辺りをどうクリアするかが鍵となります。もしかしたら、試行するかもしれないので、その時はご協力頂き、盛り上げて頂ければと思います。

    〉・現在実施されている討論会は時間が限られ ている。

    参加者数が増えるか、盛り上がりが見込めるのなら、例えば、日曜や祝日の日中に長時間開催も可能です。
    また、年末には、長時間バージョンの討論会を考えております。まだ決定ではありませんが、朝生の裏で、朝生と同じテーマでやってみようかとw

    〉議論が盛り上がったものをピックアップする 形でも良いかもしれません。

    これは心掛けて、やっていくようにします。
     
    〉 またモラル的にはどうかと思いますが、他の 個人ブログで盛り上がっている記事に対しての議論も良 いかもしれません。個人ブログでの議論は、 どうしてもブログ主の主張が神様になり、自由な方向の議論ができていないと感じていま す。

    これは、著作権の問題さえクリア出来れば、是非やってみたいですね。

  5. 5
    jan2002 花のヤン  :

    >>灯火さん
    >問題なのは、他のコラムや討論会との差別化です。つまり、何を議論するのか、長期間議論できるテーマは何か、ということです。

    そのようなネタならいくらでもありますよ。
    公共事業をやるにしても土建でいいかのか、他に効率のいいバラマキの手段はないのか、とか。
    税制や労働政策、金融政策の手段についても議論できると思います。
    それらについて、誰かが案を提示して皆で議論や検討していくスタイルならそれなりに盛り上がるでしょうし、長期間維持する必要もないのではないでしょうか。

  6. 6
    holyfirework 灯火  :

    >>花のヤンさん

    ご意見、ありがとうございます。
    ブルーオーシャンには、テーマの縛りや制限は無いので、確かにネタは幾らでもあります。
     
    ただ、長期間維持する必要がないなら、常設コーナーを設ける意味は無いので、その辺りが難しいところです。

    まあ、長期間といっても、一週間か1カ月かでは、テーマの幅がまるで違いますがw

  7. 7
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    すいません、>>なかはらさとるさん
    >>3でさん付けできてませんでした(冷や汗
    今気が付きましたorz
    ごめんなさいm(_ _)m

    >>花のヤンさん
    >>灯火さん
    ご意見ありがとうございます。
    雑談と議論の中間的なイメージがよいかなぁ~なんて思ってたりしますです。
    掲示板的なものを実装するなら。

    コラムは結構高度な話が多いので、初心者のかたがコメントしづらいかなぁ?みたいな。

  8. 8
    なかはらさとる  :

    ※4>>灯火さん
    ご返信ありがとうございます。
    コラムや討論会との差別化というのは、難しい問題だと思います。おそらく試行錯誤を繰り返すしかないというのが現実なんだと思います。

    私が考えている掲示板のイメージは、TPP専用、安倍政権専用とかかなり大きな漠然としたテーマで良いと考えています。議論も生ものなので右往左往し、おそらくその時その時で盛り上がっているテーマが異なってくるのではないかと。で、その中で盛り上がっているテーマを切り取って、討論会のテーマにするとかできたら良いのかなと考えています。
    ただ、上記内容で進めると各議論が並行して進む事になるので閲覧性はかなり落ちるのが痛いところです。返信元のコメントがポップアップで見れる、クリックでジャンプするとかできると非常に良くなると思うのですが。

    各コラムとの差別化も、コラムを書かれた人がコメント欄を使うか、掲示板を使うかを選択できればベターではないかと思います。

    私が懸念しているのは、例えば古い記事のコメント欄で狭く深く細々と議論が盛り上がるケースがあったとしても、その議論が人目につく機会が少ないというのは非常にもったいないのではないかというところから始まっています。

    言うだけ番長で恐縮ですが、運営のご参考になれば幸いです。

  9. 9
    なかはらさとる  :

    ※7>>コテヤン@どうやら管理人さん
    これはご丁寧に。
    コテヤンさんの礼儀正しさは議論のやり取りを見てなんとなくですがわかっているつもりですので、どうかお気になさらずに。

  10. 10
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>なかはらさとるさん
    そう言っていただけてホッとしてますですw
    ε-(´∀`*)ホッ

    >返信元のコメントがポップアップで見れる、クリックでジャンプするとかできると非常に良くなると思うのですが。

    これ多分実装可能かと~。前に少し検討してまして。
    (時間がかかるのでちょっと後回しにしてた機能の一つです)

    2ちゃんねるの専ブラ的な感じかと思いますです。
    ちょっと今仕事が立て込んでて、あとブルーオーシャンのプロジェクトも立て込んでてなんですが、出来れば年内に実装したい機能の一つでした。
    ・・・これでBLOGOS越えられるじぇw