都知事の見解

今日はこんな記事です。

日本で最も少子高齢化が深刻な東京増え続ける「社会保障の財源」をどうする?

東京都の少子高齢化対策に関する文章です。お書きになったのは都知事ご本人です。

書いてある内容を乱暴に要約すると、
・高齢化が進む日本では、GDPの1/4が社会保障に使われている。
・高齢化対策に使われるお金は少子化対策に使われるお金の10倍。
・東京都は少子高齢化対策に多くのお金を支出してきた
・これまでの国の政策では、東京からお金をむしりとって地方に回すということが行われてきたが、これは廃止すべき。
・消費税増税と軽減税率についてあれこれ。
といった感じです。

前半を読むと、少子化対策に使われているお金は微々たるもので、本格的に少子化対策をするなら、高齢者に回っているお金をむしりとって少子化対策に回すべき、と思います。どこをどう削ればよいか、というのは難し...

ご支援くださる方はクリック→