壺に入るものへの反論(ガブリエナイ氏への反論)

忙しい&飲みで更新が遅れて、寝ぼけマナマコで過去記事をアップしましたけど、こちらが本日の記事(笑)どうも思想で自由主義vs全体主義との誤解が多いようだと思います。ちなみにリブログでの反論は大人げないと思い、リブログはしてません(汗)※過去にやっちゃって、大いに反省しましたorz 壺に入るもの(ガブリエナイ先生氏) 上記の記事が典型的なのですけれども、「近代の政治,経済理論の萌芽は18世紀の思想や哲学だ.個人の裁量を尊重する考え方と,政府の裁量を尊重する考え方に大きく分かれていった.前者は自由主義として発展し,後者は全体主義として発展する.このあたりの知識が冒頭の例でいう“岩塊”だろうか.」 と書いておられます。・・・・・そもそも論として「全体主義」というものへの「知識」が全く無いので、このようなおかしな結論になるんだと思うんですね。全体主義を論じたハ...

ご支援くださる方はクリック→