和歌山県の子育て支援

今日はこんな記事です。

子育て重点に新政策方針

和歌山県のローカル誌紀伊民報からの記事です。

和歌山県の仁坂吉伸知事が、来年度の新政策と予算編成の方針を発表したそうです。少子化対策の部分を抜き出します。

「少子化対策」では、市町村に対し妊娠や出産、子育てなどを一元的に相談できる窓口「子育て世代包括支援センター」設置を支援。企業・団体による、社員の子育て支援を促進する。

これだけ?というのが率直な感想です。しかし、自治体レベルでは、保育園をつくる、子育て相談窓口をつくる、といった側面支援が精一杯です。浦安のようなお金も産業も潤沢にある自治体なら別ですが。

子育て世代を経済的に助ける、という最も重要な仕事は国レベルでしかできません。そこにはまだ手はついていません。日本の少子化対策はまだまだです。






ランキングに参加しています。応援よろ...

ご支援くださる方はクリック→