命と健康の平等




7月13日放送のNHKクローズアップ現代で、開発コストの高騰による新薬の価格高騰の問題が取り上げられていました。


あなたはどう考えますか~新薬高騰が医療を壊す?~

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3838/index.html
「75歳以上には、保険で使える薬を制限すべきでは?」ある医師の“警告”が波紋を広げている。1回の点滴に100万円以上もするがんの新薬が保険適用されたため、何万人もの患者が使えば医療財政が破たんするというのだ。「年寄りを助けて未来の患者を見捨てるのか」「命を金ではかる気か」…医療現場や省庁、製薬会社、そして患者までも巻き込んだ議論が起こっている。私たちは望む薬を飲めなくなる時代が来るのか?“薬と命の値段”をとことん考える。

引用終わり


確かに薬価の高騰は日本の医療にとって重大な問題...

ご支援くださる方はクリック→