人口減少に対して負のフィードバックはあるのか

今日はこんなコラムです。

人手不足が変える会社と社会---常見陽平

コラムの中身はそれほど突っ込んだものではありません。かいつまんで大事なところを書くと、少子化で「人手不足」があちこちの地域や業種で進んでいますが、人手不足の時代においては、職場を魅力的なものにしなければ人材を獲得できないということが、今後の中長期的な動きなのではないか、というものです。

今日はそこからさらに考えてみました。

しばしば少子化について話題になるのは、「人口が減ったって別にいいじゃないか」というものです。

食糧自給率が低いこの国で1億2千万人が適正な人口かどうかは議論の余地があると思います。1億人くらいまで減っても、おそらく大きな問題ではないだろうと思います。

しかし、それ以下になると、どうなんでしょう。私にはよくわかりません。

それ以上に問題なのが、適正な人口がもう少し...

ご支援くださる方はクリック→