道路交通法を守ろう

車社会が到来して久しいですが、自動車についてどうお考えでしょうか。

自動車は多くの人にとって、生活に欠かせないものです。また、経済的にも欠かせない資本であり、経済成長を牽引する大きな要素となっています。

しかしながら、車社会は必ず交通事故を伴います。
日本においては、毎年1万人以上もの人命が亡くなっていた交通戦争と呼ばれた時代は終わりましたが、それでも4千人あまりの方が亡くなり、人身事故件数は50万件あまりとなっています。
http://www.itarda.or.jp/situation_accident.php



ここで被害者、加害者ともに、交通事故によって、どれほどの人が身体的、精神的苦痛を負っているのかを、大雑把に計算してみます。

被害者、加害者ともに、家族や親しい友人がいたことでしょう。3人家族が平均ですので、50万件に6(2×3)を掛け合わせ...

ご支援くださる方はクリック→